徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

第15回饗宴

 最近微妙な天気が続いていましたので今日は久しぶりに晴れたという印象です。それでもまだ気温は低めですので寒さ対策は必要ですね。春はもう少しという感じですかね。

 昨日ですが、絶対行こうと思っていた演奏会に行く事が出来ました。その名も「饗宴」と言いまして、副題に21世紀の吹奏楽とあります。その名の通り、これからの吹奏楽の発展の為に行われている演奏会であり、主に以下のようなコンセプトで活動しています。
 1. 吹奏楽のアイデンティティーについて考えを深め広く音楽界にアピールする。
 2.新しい吹奏楽のレパートリーを創出する。
 3. 作曲者、演奏者、出版界(メディア)の相互協力関係について考える。

私も中学校から吹奏楽に触れていましたし現在も楽団に所属してますのでもっと吹奏楽の魅力が多くの人に伝わればと思っています。ですが、実際のところ吹奏楽というものは世間的には中途半端なイメージがあります。クラシックならオーケストラ、ポップスなら軽音楽と明確なイメージがあるものと違い吹奏楽は言ってしまえば何でもありです。それが故に中途半端なイメージが付きまとい、日本ではどうもその立場が微妙な気がします。それでも全員で1つの曲を完成させるために音合わせをするのは非常に辛くもあり楽しみでもあります。何よりも気軽に始められますので是非興味を持っていただけたらと思っております。という訳で前置きが長くなってしまいましたが饗宴の感想です。実は饗宴を聴きに行くのは今回が2回目で初めて行ったのは一昨年の3月でした。その時は有名団体の演奏が聴けて日本を代表する作曲家が同じ席に座っていたことで割と興奮していた思い出があります。今回も演奏会の流れは同じで、全国から応募のあった作品から選ばれた15曲4団体で演奏しました。曲の中身も中高生向けのマーチから20分超のオラトリオ民族音楽をテーマにしたものから和風のものまで様々でした。さすがは21世紀の吹奏楽とうたっているだけのことはあります。演奏者も作曲家も聞きに来ている人も全員が楽しめた演奏会だったのではないかと思いました。ちなみに昨日は東日本大震災からちょうど1年という日でもあります。演奏会の中でもをテーマにした曲も何曲かありましたし、14:46には全員で黙祷を行いました。吹奏楽は演奏者全員の気持ちを1つにすることだけでなく聞きに来てくれる人の気持ちも1つにすることが出来る力を持っています。音楽ではお腹は膨れませんが気持ちは満たされると思いますのでそういう意味も込めて吹奏楽が発展してくれればと思っております。

 ちなみに今回演奏会が行われたのは文京シビックホールというところで、JR水道橋駅から徒歩10分程度のところにあります。ちょうど東京ドームシティの隣ですね。2階まで吹き抜けのホールは音が良く響き、吹奏楽にはうってつけのホールだと思いました。来年もここで行われるみたいですので、その時が楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/12(月) 21:15:11|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<組織 | ホーム | limelight O.S.T.>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/998-faf11c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する