徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

遥かに仰ぎ、麗しの

 大変遅くなりましたが、去年行ったあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの聖地巡礼レポをまとめました。思ったよりも写真の数が多くどんな感じで整理するか構想を練っているうちにお蔵入りしそうになってましたので、忘れないうちに仕上げてしまいました。正直完全に巡礼で来たかと言われれば微妙ですが興味がある方はこちらからどうぞ。

 キリ番指定のゲームは出来るだけ日記でも紹介していきたいと思うの。という訳で、私のHPでキリ番24000番を踏まれた方の指定ゲームを始めました。その名も遥かに仰ぎ、麗しの(リンク先R-18注意)と言いまして、2006年PULLTOP(リンク先R-18注意)から発売されたサウンドノベルです。2006年に発売されたサウンドノベルの中では抜群の人気を誇ってまして、私もいつかプレイしたいとは思ってました。PULLTOPというメーカーについて私が初めて知ったのは2003年のキャラフェスタの時でして、当時としては特徴のあるキャラデザのロリキャラのゲームを作ってるんだな~程度にしか認識してませんでした。ですがその時から作品の丁寧さには密かに定評があり、2005年に発売されたゆのはな(リンク先R-18注意)というゲームでブレイクし、ほのぼのゲーを作るメーカーとしてゆるぎない地位を確立しました。私もPULLTOPで初めてプレイするとしたら「ゆのはな」かな~って漠然と思ってましたが、今回の指定ゲームである「遥かに仰ぎ、麗しの」はPULLTOPの作品の中でも一、二を争う位の人気でして、やりたいと思っていながら切っ掛けが掴めずにいました。「遥かに仰ぎ、麗しの」は発売当初から期待度が高い作品でした。理由は主に2つありまして、ひとつは上でも書いたゆのはなが大成功した事、もうひとつはシナリオライターに健速(たけはや)の名前があった事だと思います。特に健速についてですが、2003年にこなたよりかなたまで(リンク先R-18注意)、2005年にキラークイーン(リンク先R-18注意)という作品でブレイクしており、その新作という事で注目がありました。現在プレイ時間7時間程度で1人終わりましたが、なるほど確かに噂通りの丁寧なシナリオと人物描写ですね。ヒロインは全部で6人という事ですのでまだまだ時間はかかりますが、作品の雰囲気通りにまったりと着実に進めていこうと思います。

 それにしても、考えて見ればこれが今年1本目のサウンドノベルなんですね。今年は合計20本のサウンドノベルをクリアするっていう目標を立てたのにこのスロースタート。焦るつもりはありませんけど、ここから定期的にプレイを続けられるかが勝負ですね。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/27(金) 20:13:18|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中途半端 | ホーム | SOUND VOLTEX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/980-89c9dbd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する