徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

for RITZ

 今日は夜勤明け。折角の夜勤明けなのに外は寒く午後には雨が降るという事で、むしろこんな外出したくなくなる気候だからこそいつもの6FでDDRでした。いよいよ本格稼働したDDR X3が5台も並んでいる姿は壮観ですね。とりあえず新曲を中心にプレイして何とかENCORE EXTRA STAGEまでたどり着きました。

 今日みたいな11月末~12月頭の寒い時期に雨が降ると、どうしても思い出してしまうゲームがあります。その名もシンフォニック=レインと言いまして、2004年に工画堂スタジオで製作された全年齢対象のサウンドノベルです。私のHPのGame Reviewでも98点の点数を付けており、水夏~suika~(R-18注意)に次いで好きなサウンドノベルとなっております。シンフォニック=レインをプレイされた方なら分かるかと思いますが、とにかく作品中に満ち溢れている柔らかな雰囲気が最大の魅力だと思います。原画家のしろの絵は柔らかいという意味では右に出るものが無く、水彩画の様な背景も心が洗われるようです。そして柔らかさを演出している最大の要素はやはり音楽だと思います。今は亡き岡崎律子のサウンドはとにかく作品の雰囲気にあっていて、1つ1つのBGMに派手さは全くありません。そしてこの作品には非常に多くのボーカル曲があるのですが、そのどれもが作中に登場する人物の心情を見事に表現しているのです。公式HPでSTORYを読んで頂ければ分かるのですが、あらずしとして雨の街で音楽学校に通う主人公とヒロインで卒業試験の為にオリジナル音楽を演奏するとあります。そしてヒロインごとに曲が用意されており、そのどれもが本当に心に染みいるのです。正直涙無しにはプレイできないと思います。この作品が岡崎律子の遺作であるという事もあり、半ば神聖化されつつある作品出るがそれだけの価値は間違いなくあると思います。実は私も密かに今年の11月後半に再プレイしたのですが、名作は時代が過ぎても名作ですね。初めてプレイした5年前から何ら色あせる事はありません。是非多くの人にプレイして頂きたいと思い、一筆書かせていただきました。

 ちなみにボーカルアルバムについてはかなり高い頻度で聞いています。仕事や様々な事で疲れた時でも、このボーカルアルバムの曲を聞くと疲れている場合じゃないなと気持ちを奮い立たせることが出来るからです。それは作品の素晴らしさもありますが何よりも曲そのものの歌詞が染みるのです。そのアルバムの名はfor RITZ(Amazonに飛びます)。岡崎律子な無くなった後に作成された最後のアルバムです。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/06(火) 22:09:56|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HIGH POWERWD | ホーム | 47th定演>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/957-8863c0ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する