徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

tuner

 明日は私が所属している吹奏楽団で演奏会というレベルではないのですがちょっとした発表会があります。今日はその為の楽器運搬がありまして、集まった人と楽器の運搬を行って終わってから上野で前夜祭的な飲みを行ってました。明日は5時起きですのでそろそろ寝ます。

 吹奏楽の中で大切な事を1つ上げるとすると、やはり音が揃っているということがあると思います。これはリズムや音色が揃っているということはもちろんですが、何よりも大事なのは音程です。合奏ですので、それに加わる楽器の音程があっていなければそれは不協和音となってしまいます。その為、合奏前には1人1人が音程を揃えて基礎合奏に臨みます。そして、音程を揃えるために必要不可欠な機器として皆さん持っているのが「tuner」です。tuner(チューナー)とは、簡単にいえば聞こえてくる音の音程を示してくれる装置です。それも、ピアノレベルの音でその100分の1程度の周波数まで計測してくれますので、最適なツールと呼ぶことが出来ます。実際合奏時には±5%の音程まで揃えてきますので、基本的に音程の関係で演奏に支障を来すことはありません。もちろん、音程を変えずに真っ直ぐに音を鳴らすだけでもかなりの技術とキャリアが必要となります。まあ、そのあたりは社会人の楽団という事で皆さん慣れており、問題はありません。そして何故こんな話題を出したかといいますと、つい昨日私も自分のtunerを買ったからです。最近はtunerも安価で、パスカードサイズのもので¥3,000掛からない程度です。そして、うるさい場所でも計測できるようにマイクも合わせて買ったのですが、これも¥2,000掛からない程度ですのでお買い得ですね。普段PCやテレビの音を聞いているうちはそんなtunerレベルの音程までは気にしないのですが、いざ自分で楽器を鳴らしてみるといかに自分の感覚と周りの音程がズレているかを思い知らされますね。やはりtunerは現代の吹奏楽には必要不可欠ですね。

 まあ、理想を言えばtunerを使わずバンドの誰かの音に合わせて自分の音程を瞬時に揃える事なんですけどね。言ってしまえばバンドで音程があっていればいいのですので誰か1人に合っていればそれで良い訳です。まあ、現実はそう上手く行きませんのでtunerが役だっているわけですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/08(月) 23:35:06|
  2. 吹奏楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TRIBAL LINK | ホーム | ガイガーカウンター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/897-2b4ff194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する