FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

copious

 今日は夜勤明け。ですが明日の業務準備のために残業していてお昼前くらいに職場を出ました。12:00まで1時間ある微妙なタイミングだったので、タイトルにもあります通りjubeatの新作であるjubeat copiousで時間を潰してから帰りました。

 jubeat copiousはjubeatシリーズの最新作で、初めて世の中に顔を出した音はAOU2011の時ですね。この時は整理券が5分で無くなる程の人気でプレイ出来ず、その後全国各地でロケテストが行われたのですがこれも200分程度の待ち時間でプレイできませんでした。まあ基本ルールは同じですのでDDRほど悔しくは無かったんですけどね。全国稼働を開始したのは9/15でして、稼働日はとりあえず盛り上がりだけでも見ておこうと思ってゲーセンに見に行った程度でした。実際初めてプレイしたのは先週の金曜日でして、いつもの6FでDDRする流れでちょっとjubeat copiousへの時間を増やした感じです。今日はそういう意味で2回目のプレイであり、大体感じが分かりました。前作であるknitは渋いダンディズムな雰囲気の作品でしたが、今作であるcopiousは宇宙旅行をテーマにしたポップでサイバーな感じでした。BEMANIシリーズはこうやって作品ごとの雰囲気を変えてきますので心機一転出来て良いですね。それでは思った事をカテゴリ別に書こうと思います。

・楽曲
今回も多くの版権曲が収録されていました。懐かしい曲から意外な曲まで、万人に分かるような選曲だったと思いました。特に今流行りのAKB48のヘビーローテーションや魔法少女まどか☆マギカのコネクト、ゴールデンボンバーの女々しくては選曲ランキングでも上位でした。代わりにKONAMIオリジナルの新曲は数を減らしてました。後でも書くのですが今回の解禁システムでは曲の難易度ごとにしか解禁できないですので、1曲当たり今までの3倍の解禁時間がかかります。その分曲数は少なめになったようです。これはもしかしたらappendへの布石なのかもしれません。

・PASERI
今回もKONAMIの電子マネーであるPASERIが使えます。前作との変更点は、まず筐体の改良でカードを筐体に差すことなくかざすだけでプレイ出来る事ですね。これで全ての音ゲーでカードをかざすだけで読み取れるようになりました。次に、PASERIを使用している方のみ1プレイでの曲数を1曲~5曲で選べるという事です。普通なら3曲100円のような感じでしょうが、PASERIなら1曲33円単位で5曲まで自由に選択できます。これは嬉しいですね。1プレイで5曲ならかなり満足できますね。自分のテンションや周りの混み具合も見て、適当な曲数を選択できます。

・copious travel
今回の隠し要素のメインになるシステムです。雰囲気としては、プレイ結果や称号の取得でポイントが貰え、そのポイントが一定数溜まるとロケットの燃料のタンクが満タンになります。その満タンのタンクで宇宙に旅行に行き、目的の星に到着すれば楽曲が手に入るというシステムです。要するに前作のニットシャツと同じという事です。具体的なポイント数は分かりませんが、jubeatシリーズはとにかく全解禁までの時間が長い事で定評がありますのでのんびり進めていきたいと思います。上でも書きましたが、今回は曲の難易度ごとに解禁ですので1つの曲を完全に解禁するまで相当の時間がかかります。なおさらじっくり進めなければです。

・称号
後注目したいのは称号の取り扱いですね。称号と言えばjubeatのプレイ結果でかなりの数が存在し、プレイヤーのお好みで選ぶ事が出来ました。今回もそれは変わらないのですが、最大の特徴は称号をパーツ単位で入手する事が出来、ある程度カスタマイズしてオリジナルの称号を作れるという物です。例えば「ユビ子!ユビ子!ユビ子!」という称号があるのですが、これに「(*'v'*)」というパーツを組み合わせる事で「ユビ子!ユビ子!(*'v'*)」みたいに作る事が出来ます。実際プレイしてみてマッチングしたメンバーの称号がカオス過ぎて、同じ称号を1つとして見た事が無いですね。

・伝導
今回は伝導に特に力を入れていると思いました。どういう事かと言いますと、マッチングしたメンバーから様々なものを貰えプレイ状況に応じてポイントも多く貰えるという事です。例えば、今回は前作以前のKONAMIオリジナル楽曲の殆どはポイントではなく伝導で無いと解禁できません。私もknitの隠し曲であるSweet RainI'm so Happyは解禁出来てませんでしたので、友人とマッチングしてもらう事が出来ました。また、新作でもマッチングで貰えるものがあるようですので実力がそれ程高くない人でもプレイする事が出来ます。また、上で書いた称号のパーツもマッチングで貰う事が出来ます。基本的にはcopious travelで貰うのですが、もしかしたらマッチングの方が多く貰えるかもしれません。

という訳でますます充実しているjubeatです。最近行われているLincle Linkも早速始まっていますのでどんどん新規参入者が増えるのではないかと期待できます。とにかくルールが分かりやすいのがjubeatの強みですね。リズムに合わせて光ったところをタイミング良くタッチするだけですからね。私も前々プレイしていませんのでこれからなのですが、ちょくちょくプレイして曲を解禁して腕がなまらないようにしたいです。
スポンサーサイト



  1. 2011/09/27(火) 21:45:16|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<After Eden | ホーム | bassy>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/872-3a272c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する