徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

原作原理主義者

 最近眠りが浅いのか3:00とか4:00とか中途半端な時間に目が覚めてしまいます。特に4:00とかだと最悪でそのまま熟睡すると次に起きた時に会社に間に合う時間なのかが不安で寝つけません。ここ暫くは早目に布団に入ってみましょうかね(とか言いながらこんな時間に日記を更新してるっていうね)。

 遅くなりましたがようやく「涼宮ハルヒの驚愕」を読みだしました。前巻である「涼宮ハルヒの分裂」が発売したのが2007年、つまり分裂の発売から約4年ぶりの続編となる訳です。いや~待ち焦がれました。待ち焦がれたので軽く分裂を読み直してから驚愕を読んでいます。涼宮ハルヒシリーズは何気に私が初めて読んだライトノベルでもあります。それまで本を読むという習慣が殆どなかった私でしたが、当時アニメで「涼宮ハルヒの憂鬱」が爆発的なヒットとなり友人らと一緒にアニメを見ていました。もちろんアニメそのものは面白かったのですが、友人間の話やネットでの話題を聞いているうちに原作を読んでいる人と読んでいない人でアニメの中に隠されたネタなどの理解に差がある事が分かりました。もちろん私は思った訳です。原作を知っている人だけが共有できる話題があるのは悔しいと。ちょっと話題が逸れますが、当時から私はエロゲ原作のアニメは原作をプレイしたものしか見ないという拘りがありました。これはアニメを見る事で原作のネタバレや違った印象付けがされる事を嫌った為です。ですが、それ以上に原作を知っているからこそ理解出来るネタがあるというある種のアドバンテージが欲しかったのかも知れません。このころから私は既に立派な原作原理主義者だったんですね。アニメの中でゲーム原作やライトノベル原作のものを見るときは絶対原作との雰囲気の比較をしてしまいます。そして、原作の雰囲気と離れれば離れるほど風当たりを強くしがちです。これは私の中でも悪い癖だと思っていますが治し方が分からないので当分はこのままですかね。という訳で話を戻しますが、そんな気質があった私だからこそ涼宮ハルヒシリーズのライトノベルを読もうと思ったのでしょう。とりあえずライトノベルを読むきっかけを与えてくれた作品と言う事で非常に感謝しています。まだ驚愕は読み始めてP188ですし後編もありますし他にも読みたいライトノベルを積んでますので、ちょくちょく時間を見つけて読み進めます。

 それにしても、久しぶりに谷川流の文章を読んでいる訳ですが初めて読んだ時と印象が全然違いますね。おそらく谷川流の文章が変わったのではなく、私が涼宮ハルヒシリーズを読んだ時から今まで色々なライトノベルを読んできて、多少なりとも個人個人のニュアンスの違いに気がつけたからなのでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 23:04:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<works. | ホーム | 中本>>

コメント

なるほどね。
俺は、「原作は原作」、「派生は派生」とわけるようにしてますね。だから、アニメやマンガの実写ができても、まったく別の作品として見てるので、とくに気にしないです。
  1. 2011/06/03(金) 09:56:50 |
  2. URL |
  3. タカ #LrGc051E
  4. [ 編集]

>タカさん
その考え方は羨ましいですね。そうやって割り切る事が出来れば、もっと肩の力を抜く事が出来るのでしょうね。
  1. 2011/06/03(金) 21:09:14 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/863-0ab0977d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する