徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

相対性理論と超ひも理論

 今日は気温が上がりました。そのおかげなのか計画停電も無く普通の土曜日となりました。それでも街やお店に行けば陳列棚が空っぽでまだまだ日常には遠そうです。

 さすがに停電中ですと暇をもてあそぶのも一苦労ですのでちょっと本屋によって珍しい本でも無いかと探してみました。すると、こういうタイミングで見つかるんですね。その名も「ねこ耳少女の相対性理論と超ひも理論」と言いまして、ここ数年で増えたいわゆる萌えを絡めた学術本の1つです。半年前位に前に買ったねこ耳少女の量子論の続編でもあり、結構気に入っていましたのでこれも買ってみました。内容は、主人公とヒロインのちょっとした物語を表した漫画の中で相対性理論と超ひも理論について語っています。ちなみに漫画成分が7割で文章が3割といった感じですね。それでも相対性理論と超ひも理論についてざっくりとした概要は書かれていました。いわゆる萌えが絡んでいますので敬遠されがちですが、正直なところこの本はお勧めできます。理由はいくつかあります。まず1つ目ですが、相対性理論と超ひも理論を理論的に学ぶには非常に多くの下地が必要な中でこの本はそんな下地が無く物理にほとんど触れた事の無い人でも読む事が出来ます。そして相対性理論とは何か、超ひも理論とは何かについて漫画の中で説明し、その補足説明で文章部分を読めばいいので飽きる事がありません。さらに具体例や例え話を多く取り入れていますので難しく考えることなく読む事が出来ます。2つ目ですが、安いという事です。この本は税込み500円なのですが、普通このレベルの学術書というものは3,000円以上するのが当たり前です。正直500円という値段で相対性理論や超ひも理論について書かれている本を私は知りません。これは萌えだからとかそういうレベルではありません。普通の学術書やブルーバックスシリーズでもここまで安いものはありません。3つ目ですが、より詳しく学びたい人の為に幾つかの参考書を紹介している事です。さらにこの参考書はこの部分が良い、この参考書は少々レベルが高いがこの章だけでも読んでもらいたいなど、著者の丁寧な説明つきです。著者も語っていましたが、この本はもはや入門編ですらなく入門編に半歩でも入る為の本だそうです。つまりは、この本を切っ掛けに相対性理論や超ひも理論に興味を持ってもらいたいという真摯な思いが込められた本と言えます。物理と聞くだけで嫌な顔をされる人がいるかと思いますが、こんな切っ掛けでも十分だと思いますので、興味を持っていただけたら騙されたと思って読んでみてはいかがでしょうか。

 結局のところ、物理とはいえ切っ掛けさえあれば学ぼうと思う人は誰でも学べると思うのです。難しそうだとちょっとでも感じるから敬遠してしまうでしょうけど、その壁を取っ払ってくれるのがこの本の場合萌えな訳です。萌えだからと言ってバカには出来ませんね。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/19(土) 23:48:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<デフレの正体 | ホーム | 買い占め>>

コメント

なにそれ面白そう。
安いから探してみます。
他の参考書を提示してくれるのがありがたいですね。

  1. 2011/03/20(日) 02:53:48 |
  2. URL |
  3. cassis #-
  4. [ 編集]

>cassisさん
正直、超ひも理論なんで絶対理解できない内容なんだろうな~って思ってたけど、相対性理論を深めていくうちに必然的に生まれたんだな、って事とかが漫画でサラッと描いてあるから凄い。概念を知るには最適かと思います。
  1. 2011/03/22(火) 23:54:32 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/826-550161be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する