徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

プロフェッショナル

 2月に入りました。ここ数日の関東はいやに寒いですね。関東なのに氷点下とか、これで雪が降ってきたら最高なのに。

 昨日何気なしにNHKを見ていたら非常に興味深いドキュメンタリー番組を放送していました。番組名は「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」と言いまして、様々な分野で活躍する仕事のプロの様子を描いたドキュメンタリーです。本当たまたまNHKを見ていたら放送していて、昨日まで私もこの番組の存在を知りませんでした。毎週毎週取り上げる人が違っていて、今回の仕事人は「呼吸器外科医・伊達洋至」でした。伊達洋至さんは京都大学医学部付属病院に所属する呼吸器外科医で、これまで様々な呼吸器系の手術を行いのべ3,000回に達するそうです。その技術は世界でも注目され、多くの患者が彼のもとに訪れます。そんな伊達洋至さんの仕事に密着した内容でしたが、とにかく自分の仕事に自信を持っている姿が印象的でした。そしてその自信は、医者という仕事が常に命を預かる仕事でありそれなりの恐れが付きまとっている事を自覚することから現れるのだそうです。プロの技術を持っている伊達洋至さんですが、その技術を過信せずつねに恐れを持って自身の仕事の重みを自覚する、これは医者に限らずどの分野の仕事でも大事になると思いました。どんな仕事にもリスクがあり、それを自覚し回避する事が確実な業務遂行に繋がります。自分の実力におごらず、常に気持ちを引き締めて仕事に臨む、伊達洋至さんの姿勢には自分も見習う部分が多々あると思いました。そして伊達洋至さんが思うプロフェッショナルな人とは「努力をして、他の人がマネ出来ない技術を持った人」だそうです。私も自分の仕事の中で自分だけの武器を持てたらいいなと思っています。

 それにしてもこんな番組もあったんですね。やはりドキュメンタリーを見るならNHkです。都合があれば是非毎週見てみようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/01(火) 23:16:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<THE DIVERSE SYSTEM | ホーム | 暁のヴァンピレス>>

コメント

今日は晴れてて雪は少し解けた感じかな。明日はもっと気温があがるみたい。もうちょっと少なくなってくれると異動が楽でありがたいですね。

ほんと、こっちの雪をわけてあげたいくらいだよ。

俺は知ってたよ。残業で帰りが遅いときはいつもみてました。火曜の10時はほかにみるものがなかったので。NHKはけっこういい番組が多いんだよね。今もヒストリアみてるけど。


まったく違う話なんだけど、「だだちゃ豆」って鶴岡の方言だったんだね。今日のヘキサゴンではじめて知りました。
  1. 2011/02/02(水) 22:04:04 |
  2. URL |
  3. タカ #LrGc051E
  4. [ 編集]

>タカさん
正確には「だだちゃ」が方言です。ニュアンスとしては一家の主が近いですね。世間的には「親父さん」の意味で通っているみたいですが、一家の主が親父さんの場合が多いので親父さんの意味が定着してしまったのでしょうね。そういう意味で、地域によってはその家の最高齢の方をさしたりもします(私の地域がそうです)。

ちなみに「だだちゃ」だけでなく「だだ」「だだちゃん」など様々です。
  1. 2011/02/03(木) 23:25:10 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/804-a39e1ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する