徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ベテラン

 本日は夜勤明け。いつもならちょっと仮眠をとって午後あたりからどっかに行こうと思っていたのですが、そのちょっとの仮眠が17:00になってしまったのだから始末が悪い。

 たまには仕事の話。今回の夜勤は通常の業務ではなく若手社員対象の業務訓練でした。私の仕事の場合、性質上どうしても夜間でないと出来ない事がありますので、わざわざ夜勤体制をとって行っています。目的は、室内作業が多くなっている現在の業務体制の中で不足しがちな生の現場の設備に触れることです。私の仕事は基本的に設備の電気的な結線図の管理や設備の設計業務なのですが、ほとんど紙や画面での作業で案外現物を見たり触ったりする機会は少なかったりします。そういった若手に実際自分たちが設計・管理している設備がどのようなものなのかを、理解し触る事が目的です。今回は入社して2~4年目の社員を対象としたもので、これも全員ではなく何日かに分けて複数回行われます。感想ですが、工具を使い手先を使う作業ですのでどうしても「慣れ」の要素が意味を持ってきます。そういう意味で、マニュアル通り行うことは出来るのですがそればかりが正しい訳ではなくそれぞれの現場特有の性質を「肌で感じる」ことが重要です。そして、今回指導してくださったベテラン社員の方はそのあたりの感覚を体で覚えている訳で、私達の画一的な扱い方に対して厳しく指導していただきました。そしてもう一つ大事なことを教わったのですが、それは「全員が100%動けるよう一人一人が先読みできる考えを持て」という事でした。例えば機器のデータ測定一つでも、テスタを当て測定する人、どの端子にテスタを当てるか指示する人、データを記録する人、機器そのものを操作する人、と様々な役割があります。もちろん事前に役割分担を済ませればよい話なのですが、今回の訓練ではあえてそのあたりの指示をしないで本番で課題が出され、そういった状況で如何に効率よく動けるかを見ることも目的だったそうです。ですがこれは実際の業務でもあり得ることで、突発的に障害事故が発生した場合はこれに該当します。そういった緊急時に如何に全員が100%動けるかで障害の回復の速さが違うそうです。そんな感じで、私のように不慣れな若手社員にとってベテラン社員の方のある種理不尽とも思えるご指導は見にしみましたが、こういった訓練のみならず日常の業務でも生かせる部分はあると思いました。とりあえず、誰も怪我すること無く無事に訓練が終わって良かったです。次回はいつになるか分かりませんが、その時まで少しは成長できたらいいです。

 ま、本当は17:00に起きたとしてもDDRくらいなら出来るからと思ったんですけど、微妙に体調が万全でなかったので諦めました。というよりも、17:00からDDRをやりに行くということに実は大きな意味があるんです。今回のDDR X2、現在時刻や曜日で特定の条件を満たすとプレイできる曲というものがあって、8/1から20:00~20:59限定で出来る曲が現れました。これは土曜日に回します。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/04(水) 21:26:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エコ活動 | ホーム | knit>>

コメント

今の人は「マニュアル人間」になっている。と言われてますからね。確かにマニュアルは大事ですが、それはスタートラインにすぎません。臨機応変にてきぱきと動けることが求められますね。
もちろん、俺もね。
  1. 2010/08/04(水) 23:46:47 |
  2. URL |
  3. タカ #LrGc051E
  4. [ 編集]

>タカさん
マニュアルは全体を統一するにはとても役に立つとは思いますけど、個々のスキルアップには障害になると思いますね。とりあえずマニュアルで概要を理解し、あとは個々人の努力なのかも知れませんね。
  1. 2010/08/06(金) 22:42:36 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/712-3bfe6b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する