徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

God only knows

 昨日REFLEC BEATをプレイする為に秋葉原にいったのですが、秋葉原に行ったのにそれ以外何もしないで帰ってくる私ではありません。という訳で幾つか買い物をしたのですがその一つについて書こうと思います。

 今期のアニメの曲で買ったCDその2です。間違いなくこれまでのアニソンの歴史の中でも異質な部類に入る一曲でしょう。その名も「God only knows」という曲で日本語に直訳すると「神だけ知っている」、ずばり「神のみぞ知るセカイ」のOPです。今期のアニメの中でもかなり人気が高いらしく、私の周辺でも結構多くの人が見ているようです。原作は漫画でして、もともとこちらからのファンも多数いるみたいです。私は残念ながらアニメしか知らないのでそれからの感想しか書けないのですが、これ程までにギャルゲーマーの心情を表した作品は無かったのではないでしょうか。ここで重要なのは、ヲタクを描いているのではなくギャルゲーマーを描いているという事です。主人公はアニメ好きでも声優好きでもコミケや同人好きでもありません。ひたすらギャルゲーが好きでギャルゲーのみプレイしています。そして、ギャルゲーマーの心情をよく理解しています。なぜそれ言い切る事が出来るのか。それは私がそう思ったからです。それだけです。という訳で曲の感想ですが、冒頭でも書きましたが本当に異質です。まずは長さですが、1曲で8分オーバーは異常です。そして曲調ですが、これはおそらくオラトリオですね。1曲の中で章が分かれていて、さらに歌詞に物語性があります。ソロもあります。こんなアニソンは初めてです。基本的に神のみぞ知るセカイのタイトルのような神がかった曲調、しかしその歌詞の実態はギャルゲーマーの切実な心の叫び。こんな試みがあるとは思いませんでした。

 という訳で各所で高い評価を受けている曲ですが、初めて聞いた時こそ「すげぇ」とは思いましたが何度か聞いているうちに思った事があります。これについては続きを読むでどうぞ(全反転です)。

 タイトル通りの神がかった曲、そしてギャルゲーマーの心情を英語で神聖化して表現した歌詞、ELISAの歌声、確かに素晴らしい曲かもしれません。ですが、オラトリオ風にしてここまであえて拘った試みに私はむしろ皮肉の要素しか感じる事が出来ません。これはギャルゲーマーに対する憐みを表現した曲であり、あるいはギャルゲーマーは2次元でした神になれないというメッセージなのではないでしょうか。曲を神聖化することで、自分達は決してキモイ訳ではない、ただ純粋に物語を愛し登場人物を愛しているだけなのだという綺麗な部分のみを表に出し、キモイ部分を徹底的に隠している印象を受けます。ここまで極端な神聖化はもはやギャルゲーマーに憐みを持った作曲者のギャルゲーマーに対するレクイエムにも聞こえます。そして、ここでいう神というのは文字通り2次元の世界でも神です。決してリアル(現実)の世界での神では無いのです。曲を神聖化する事によってこの如何ともしがたい事実をむしろ直接的に表現してしまっているとも捕らえられてしまいます。リアルなんてどうでもいい、2次元で神ならばそれでもいい、そんなギャルゲーマーの嘆きが聞こえてきそうです。という訳でこの曲を聴くと如何ともしがたい気持ちになってしまいます。それでも聴き続けてしまうのは、それ程までにこの曲が神がかっていて自分自身が紛れもないギャルゲーマーである証なのかも知れません。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/12(金) 22:53:12|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とんかつ一 | ホーム | REFLEC BEAT稼働>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/712-3bfe6b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する