徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

川越奏和

 今日で世間的なGWは終わりです。結局殆ど雨はふらない感じで、ここまで晴れが連続したGWも久しぶりだったのではないでしょうか。それだけに色々と出かけた方も多かったかも知れませんね。

 今日はまたとある演奏会に行ってきました。タイトルにもある通り「川越奏和奏友会吹奏楽団」の定期演奏会です。川越奏和奏友会吹奏楽団は、それなりに吹奏楽に触れていれば名前くらいは聞いたことがあると思います。市民団体ですが全日本吹奏楽コンクールで金賞受賞の常連であり、多くの楽曲の初演を担当されていることでも有名です。幾つかCDも出しており、私も何枚か持っています。また、地元である川越に根付いた活動を行っていることでも有名であり、地元の小中学校と積極的に演奏を行っています。そんな川越奏和奏友会吹奏楽団の定期演奏会ですが、実際聞きに行ったのは今回初めてであり、実に楽しみにしていました。演奏会の構成は全部で2部構成であり、1部は今年の全日本吹奏楽コンクールの課題曲5曲を演奏しました。しかもゲストとして作曲家の「天野正道」さんをお呼びし、指揮者である「佐藤正人」さんと2人でトークしながら行うという構成、吹奏楽ファンだったら是非見てみたいコラボだと思いました。しかも5曲の内2曲の作曲者も来賓としてお招きしており、笑いありの楽しいステージでした。2部はクラシックステージで全部で3曲演奏されました。そしてその3曲のどれもが実に素晴らしい選曲であり、『バレエ音楽「パリの喜び」より』、『ラプソディ・イン・ブルー』、そしてあの『大序曲「1812年」』でした。特に最後の1812年はステージのみならずホールの2階客席の後方にまで金管が並び、バスドラムは全部で5台、会場全体を覆う音色に心が震えっぱなしでした。演奏後の鳴り止まない拍手、止まらない「ブラボー!」の声、やっぱり1812年はズルイです。そんな感じで実に有意義な2時間30分でした。折角近くに住んでますのでこういった演奏会は積極的に参加していこうと思います。

 ちなみに、地味に川越駅に降り立ったのは今日が初めてでした。流石、JR、東武、西武が入り混じる駅ということで非常に栄えてました。これだけ栄えている街、地元山形にはありませんよ。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 19:34:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五月病 | ホーム | 追想音楽>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/668-f37b4c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する