徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

もうひとつの全国大会

 昨日は土曜なのに日勤でしたが、夜に大学時代の友人と集まって上野で飲んでました。大学の友人の何人かは首都圏に来てますので会おうと思えばいつでも会える訳です。たまにこうやって集まって飲むと楽しいですね。来週もまだ別の友人と飲みます。

 そして今日ですが、前々から楽しみにしていたコンサートに行ってきました。その名も「全日本吹奏楽コンクール三年連続出場記念演奏会」と言いまして、別名「もうひとつの全国大会」です。毎年一回全国のアマチュアの団体で吹奏楽の技術等を競う吹奏楽コンクールと言うのがあるのですが、様々な団体を組み入れる趣旨で全国大会に三年連続で出場した団体は次の一年はコンクールに出場出来ません。今回はそんな名誉のあるお休みを頂いた団体の演奏を聞いてきました。開場はJR南浦和駅から徒歩8分のところにある「さいたま市文化センター」でした。そして参加団体は以下の通りです。
・埼玉栄高等学校吹奏楽部(埼玉県)
・東北福祉大学吹奏楽部(宮城県)
・柏市立酒井根中学校吹奏楽部(千葉県)
・大津シンフォニックバンド(滋賀県)
・川越奏和奏友会吹奏楽団(埼玉県)
贅沢ですね。もう、知っている人なら是非聞いてみたい団体ばかりだと思います。埼玉栄は高校生の憧れですし、大津や川越はもはや全国の常連で何枚ものCDをリリースしています。今回の演奏会は各団体が3~4曲演奏する形で行われました。感想ですが、やはり全国大会出場と言うことで音のまとまりが素晴らしかったです。個人レベルでいくらか荒削りな部分もありましたが(超上から目線)、全体で1つのサウンドを作っているという意識を強く感じました。そして、しっかりと楽器を鳴らしているのでどの楽器の音もちゃんと聞こえるんですね。さすがだと思いました。後は、私の中でも懐かしい曲が多くて良かったです。97年課題曲の「5月の風」、「ダンシン・メガヒッツ」、「宝島」、「たなばた」、「写楽」、そして「大序曲1812年」と鳥肌立ちっぱなしでした。特に「大序曲1812年」はプログラム最後の曲でして、「川越奏和奏友会吹奏楽団」と「東北福祉大学吹奏楽部」の合同バンドという夢のようなステージ。心が震えて涙が出ましたよ。とまあそんな感じであっという間の3時間半でしたが実に満足の行く時間でした。これで入場料1,500円は安すぎです。また来年行けそうだったら行きます。

 ちなみにお客さんはやはり半分は学生でしたね。春休みですしアクセスもいいので良い勉強になったのではないでしょうか。後はやはり吹奏楽マニアがいましたね。この業界も相変わらず熱いです。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/21(日) 19:38:58|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<饗宴 | ホーム | Red Moon>>

コメント

へぇ~、そういうのがあるんだ。確かに、贅沢かもね。ちょっと気になるかも~。
  1. 2010/03/21(日) 23:37:42 |
  2. URL |
  3. タカ #LrGc051E
  4. [ 編集]

>タカさん
まあ正直、この団体の贅沢さは吹奏楽の世界に触れていないと分からないと思います。とりあえず全国大会三年連続出場という肩書だけでお腹いっぱいになれますね。
  1. 2010/03/22(月) 20:41:57 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/642-e664444c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する