FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

群像劇

 昨日研究室から帰るために原付に乗っているときに「蛾」が突進してきました。私自身は何ともなかったのですけれどその蛾が勝手に潰れて人の上着に付着したのがムカつきましたね。蛾って、意外と臭い取れないんですね。

 という訳で「ef - the latter tale.」終了しました。前半である「ef - the first tale.」は約9時間でしたが、この「ef - the latter tale.」は約15時間くらい掛かりましたね。さっそく感想ですが、ここ最近のサウンドノベルで久しぶりに「神」に出合えました。シナリオ自体の展開は決して大きくなくゆっくりと物語は進んでいくのですが、そのかわりに登場人物の心理描写がもの凄く丁寧に表現されています。丁寧といっても分かりやすいという意味ではありません。その時その時の「そのままの心理」を真っすぐ表現しているのです。なので、字面の表面だけ捉えても登場人物の正確な心理は理解できません。だからこそ、ゆっくり読み進めて登場人物の心理を理解しようとすると実に深い作品であると思えると思います。そして、全ての登場人物の心理描写を表現する為に「群像劇」の手法が取られています。群像劇にすることで登場人物の心理描写に一貫性が生まれ、また他のシナリオの登場人物とリンクする事でシナリオがより深いものに仕上がります。これまでにも群像劇の手法を用いた作品はいくつもありますが(「水夏~suika~」「朱~aka~」etc…)、間違いなくこの「ef - a fairy tale of the two.」が一番です。ネタバレの関係上これ以上細かく書くとボロが出そうなのでやめておきますが、間違いなく2008年を代表する作品です。超新しい作品なので、話題になる前に先取りしてやっておきましょう。きっと満足すると思います。

 という訳で早速この「ef - the latter tale.」の感想をまとめました。基本的に前作である「ef - the first tale.」の内容も若干含んでいる感想になってますので最低限前作をやらないとネタバレになってしまいますが、もしプレイされたなら見て頂けると幸いです。
→ttp://mmsroom.web.fc2.com/index_Game_eflattertale.htm
スポンサーサイト



  1. 2008/06/03(火) 01:50:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二周年 | ホーム | latter>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/341-2acd1c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する