FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ヲタ芸

 最近「GIGAZINE」やマイミクである「GANSO」さんの日記を見て気になった話題があります。それは「榊原ゆいが公式にヲタ芸を禁止する」といった内容です。詳しくは榊原ゆいの公式ブログでも見て頂くとして、私もちょっと思った事を書いてみようと思います。ちなみに私は別に「声ヲタ」でも「ヲタ芸を打つ」訳でもありません、一介のゲーマーです(少なくともそう思っています)。そんな私がヲタ芸を語るに至った理由は、この出来事に関して毎年参加していた「Dream Party」に絡んでいる記事を幾つか目にしたからです。

 まず第一にヲタ芸について肯定か否定か?答えは肯定です。あそこまで激しい踊りを全員で一つの歌に合せてパフォーマンスする、他にはなかなか見ない団結力の現れだと思います。そして、彼らはなにも無闇にヲタ芸を打っている訳ではありません。その曲の特性や盛り上がりを研究して一つのヲタ芸を完成させているわけです。そういう意味では、ヲタ芸を打っている彼らこそ一番その曲を聞き込んでいるのは間違いないでしょう。ではなぜそんなヲタ芸を榊原ゆいが全面禁止にしたのか?その理由はただ一つ、榊原ゆい自身が「ヲタ芸を打っている人はちゃんと私の歌を聞いてくれていない、マナーが悪い」と思ってしまった事です。これに対してヲタ芸を打っている人は真っ向から否定するでしょう。なぜなら、彼女の曲を一番聞いているのは他ならぬ彼らであり、一番応援しているのも彼らなのだからです。ですが、残念ながら榊原ゆいに対しては彼らの一方的な気持ちの現われにしか見えなかったようですね。そして、ここまでハッキリ否定されてそれでも榊原ゆいのファンであるヲタ芸を打つ彼らはどうするべきか?少なくとも榊原ゆいの前ではやめるべきです。自分達がどれだけ榊原ゆいのファンであるという思いをヲタ芸に乗せても、それは一方的な気持ちの押し付けにしかならない事に気づくべきです。それでもヲタ芸を踊り続けるのなら?それは唯のマナーが成ってない子供です。ファンでも何でもありません。「大阪Dream Party」で散々やらかしたやつらと同じです。という訳で、ヲタ芸に対して私が思っている事のまとめは「ヲタ芸は基本的に肯定、だがTPOを無視したヲタ芸は唯の迷惑行為」ですね。

 最後に「Dream Party」について一言。もともとあれはギャルゲーブランドが一堂に介して物販やイベントを行うものであり、ステージイベントはそのイベントの一つという位置付けだったはずです(5年前までは確実にそうだった)。少なくとも同じDream Party参加者として「ヲタ芸を打つためだけ」に来場する人は残念ながらよく分かりませんね。まあ、最初に言った通りあの盛り上がりは基本嫌いじゃないので否定はしないですけどね。曲によってはメチャクチャ盛り上がりますし(去年の「MOSAIC.WAV」とかは流石)。
スポンサーサイト



  1. 2008/05/27(火) 00:43:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<May'n | ホーム | 2kg>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/338-5a720430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する