fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ソロモンの指環

 今日は普通の日勤。先日は第4回ビジュアルノベルオンリーにご参加頂きありがとうございました。感想は後ほど書こうと思います。

 今回は最近読んだ本を紹介します。これもまた、教養として読んでおくべき一冊だと思います。

・ソロモンの指環(紙の本電子書籍) - コンラート・ローレンツ (著),日高 敏隆 (訳)
 1949年コンラート・ツァハリアス・ローレンツによって書かれた本です。1963年に日本語訳され、1998年に文庫本化されております。読んだ切っ掛けですが、前に種の起源過去記事はこちらからどうぞ)をKindleで読んだ事でおススメに登場した事だと思っております。そのため、あまりこの本に対するバックグラウンドを知らずに読みました。感想ですが、ただ唯々と動物たちとの観察の様子を書いた圧倒的な文量に感服しました。世の中で常識だと思っている動物に対する認識を、実際に一緒に時を過ごした経験を元にことごとく壊していく様子が素敵でした。これは、ローレンツだからこそ書ける文章だと思います。文章はお世辞にも綺麗に整理されているわけではありません。ただ淡々と動物たちの習性について口語調で書いております(この辺りは訳し方も関係しているのでしょうか)。だからこそ著者の気持ちが伝わると言いますか、説得力があると思いました。全部で12の章で様々な動物たちの行動や習性を語っております。ソロモンの指環という動物と語る事が出来る指環など必要ない、そんな意味が込められたタイトルの通りの内容だと思いました。この本の内容を、具体的に解説出来ない教養の無さが悔やまれます。とにかく読んでいただき、その熱量を感じて欲しいと思います。

 自分が実際に観察し実験し行動した事ほど、説得力を持つものはありませんね。色々なものが解明されている現代でも、この精神は大事にしていきたいです。
スポンサーサイト



  1. 2023/05/30(火) 21:26:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<第4回 ビジュアルノベルオンリー 振り返り | ホーム | SIXPAD Power Gun Pocket>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2312-3bd80956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する