fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

メタバースとは何か~ネット上の「もう一つの世界」~

 今日は久しぶりの現場作業でした。前の職場ではよく現場に行ってましたが今の職場は殆どが室内ですので新鮮でした。たまに外に行くのは良いですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。Kindleを導入して、スマホで本を買ってすぐ読める手軽さがだんだん分かってきた気がします。

・メタバースとは何か~ネット上の「もう一つの世界」~(紙の本電子書籍) - 岡嶋裕史
 2021年12月に発売された本です。皆さんはメタバースという言葉を知っていますか?一般には仮想空間と認知されており、ネット上で展開されるもう一つの世界を差します。古くは1970年からその構想はあり、技術の進化と共に様々なサービスが生まれ仮想世界への没入感が増していきました。ですけど、ここで言っている仮想空間の全てがメタバースなのでしょうか?そうではありません。仮想空間がメタバースであるのなら、昔からメタバースという言葉は普及してたはずですからね。加えて、現代のネット世界はウェブだけではなくSNSオンラインゲームなど様々あります。これらとの違いは何でしょうか。本書では、メタバースの説明を始める前にまずはネット社会と現実社会との違いや比較を行い、なぜ人々がネット世界へ足を踏み込むのかを書いております。その後メタバースの歴史を解説し、そもそも何故メタバースが注目されているのかをまとめております。その後にGAFAMと呼ばれる巨大IT企業がメタバースについてどのように向き合っていくのかを予測し、最後に現実社会とメタバース社会の在り方を考察しております。感想ですが、まず構成が非常に分かり易かったです。そもそもネット社会とは何か、ネット社会が何故必要なのかといった前提の話をしてくれましたので、メタバースを考える理由付けとなりました。そして映画やアニメの凡例を出す事でメタバースのイメージを持つ事が出来ました。後半のGAFAMについては、論理的な説明と予測に説得力を感じました。全ての企業がメタバースを目指している訳ではなく、自分達独自の方向性でネット社会のイチニアシブを目指している事が分かりました。この本は、メタバースだけではなくネット社会を俯瞰する事が出来る一冊です。是非多くの人に読んで頂きたいと思います。

 著者が、どちらかと言えばオタクよりと言いますか日陰の方よりの視点で書いているのも良いですね。親近感を持ちます。
スポンサーサイト



  1. 2022/07/21(木) 20:50:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<オートミール | ホーム | 2022年春アニメ感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2233-53420989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する