fc2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

オリンピックの開会式について思った事

 今日はテレワーク。例年来週はお盆休みかと思いますが、コロナ禍ですので県外への移動や帰省は出来ないですね。私も殆ど休みですけど基本県内に留まってます。

 東京オリンピックも終盤に差し掛かりました。コロナ禍という事で色々と複雑な事情を抱えたオリンピックですが、こうしてアスリートの方々が頑張ってる姿を見れて嬉しく思っております。そんな中、開会式の演出について様々な意見やネット記事が飛び交っております。よく見るのは、元々演出を行うはずだった方が更迭され恣意的な物に差し替えられたというもの、そしてその事によってクオリティが著しく下がったというものです。前者は正直良く分かりませんが、後者のクオリティについては多くの著名人が言及しており、それに世論も同調する流れとなっております。

 正直言いまして、私は開会式の演出がそこまでクオリティが低いとは思いませんでした。選手団は楽しそうにしてましたし、ゲーム音楽も聴けましたし、あっという間の3時間だったと思います。ですけど、同時にこうも思いました。あの開会式を良かったと思える感性が、非常に安っぽいのではないかと。

 馬鹿舌や貧乏舌という言葉があります。ザックリ言えば味音痴という意味です。ですが、味音痴だからといって不幸かと言ったらそんな事はありません。むしろ安上がりに生きる事が出来て幸せかもしれません。そして、これは料理だけではなく何でもそうなんだろうと思います。美術でも、音楽でも、小説でも、ゲームでも、芸術以外でも、いわゆる一流のものを知らないという事はそれだけ世界の広さを知らないという事です。

 あの開会式に多くの人が満足したのなら、それ以上の演出は必要ないのです。それはつまり、3時間という時間を使って何かを表現するという文化の発展がこれ以上望めないという事、つまりその文化の終焉だという事です。これはとても悲しい事だと思いました。クオリティが低いと言った方全員がどういう意味て言ったのかは分かりませんが、一流のものを知っていて言ったのであればそれは学ぶべきだと思いました。同時に、あの開会式で満足した自分に対して少し恥ずかしいと思いました。

 普段同人ビジュアルノベルをプレイしている私、その為か分かりませんがレビューや点数についてかなり甘めだと認知しております。もしかしたら、これは一流のものから離れすぎて感性が育っていないだけかも知れません。ずっと商業の作品に触れている方から、随分と遅れを取っているかも知れません。小さなことで満足する事は幸せという考えもありますし、こうした生き方も一つの正解だと思います。ですけど、それで終わりたくないと思ってしまった自分がいました。

 皆さんは、あの開会式をどう思いましたか?そして、開会式を否定肯定する意見を聞いてどう思いましたが?改めて、一流とは何か、表現とは何かという事を考えてみようと思う切っ掛けになりました。

 一流の物って、触れると言葉にならないくらい圧倒的に惹かれるんですよね。そしていつまでも忘れない。今までの人生で、どれだけ一流の物に触れたか数えてみようと思います。
スポンサーサイト



  1. 2021/08/06(金) 19:09:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英語独習法 | ホーム | ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2134-ae1e5d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する