FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

JR上野駅公園口

 今日は普通の休み。4月1日に新しい職場に異動したのですが、今までと全然違う雰囲気とシステム、そしてルールに囲まれて暫く慣れない日々が続きそうです。通勤時間も相変わらず長いので、平日は仕事・休日は趣味を大事にしていきたいです。

 今回は最近読んだ本を紹介します。新幹線通勤のお陰で本の消化が進みますね。話題になった本ですので知っている人は多いのではないでしょうか。

JR上野駅公園口 - 柳 美里
 2017年2月に発売された本です。読んだ切っ掛けは、米国の文学賞である全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞した事、そしてJR上野駅が私にとってかなり馴染み深い場所であったことです。あらすじも何も知らず本当雰囲気だけで読み始めたのですが、最後まで読み終わってちょっと心がザワツクといいますか不安になってしまいました。この本の主人公はホームレスな訳ですが、当然始めからホームレスになりたかった訳ではありません。人生の中で、どうしても避けられない何かがあり気がついたらホームレスになってしまいました。ホームレスの人を、世の中的にホームレスの人をどう思うかは一意に出来ませんが、少なくとも現代の日本の中では少ないでしょうし家を持たないという点で哀れみを向けられるかも知れません。それでも、一人ひとりに確かに人生はありました。それをリアリティのある描写で表現しておりました。そんなホームレスにやってきた山狩り、そしてその脇を通っていく天皇陛下、ここに私はざわつきを覚えました。私が生きていく中で本当に怖いと思うことは、社会との繋がりが無くなってしまうことです。友達でも会社の同僚でも家族でも、誰かしらと繋がっていたいと常に思っており一人は怖いです。ホームレスの方はどうしても社会との繋がりが希薄だと思います。それでも、日本の象徴である天皇陛下だけは裏切らないと思っていると思いました。ですけど、どうやらその辺りも怪しいみたいです。明確な答えを得られないまま反射的に手を降ってしまったホームレス、もしかしたらもうこの国と本当に繋がりが持てないのではないかと思ったかも知れません。そう思ったとき、自分だったらどうしようと思ってしまいました。恐らく、死を選ぶでしょうね。死ぬのは怖いですが、生きていても仕方がありませんから。大きなうねりもなく、ただた淡々と暗澹な雰囲気が続くだけの小説でした。それでも、何か心に残ってしまいましたので読んでよかったと思っております。

 人が仕事をする理由の大半は収入を得る為でしょうけど、たとえ十分な資産があっても社会との繋がりが無い人は仕事を辞めれないでしょうね。それは、この本風に言えば死んでいるのと同じなのですから。
スポンサーサイト



  1. 2021/04/03(土) 17:33:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<涼宮ハルヒの直感 | ホーム | アレグラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2093-6976107c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する