FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 今日は普通の日勤。長野県に引っ越して調度1週間になります。割と生活圏は把握しましたし、新幹線通勤も慣れてきました。後は、朝の寒さに慣れる事ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。割と話題になった本ですので知っている方も多いのではないでしょうか。

FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 - ハンス・ロスリング (著),オーラ・ロスリング (著),アンナ・ロスリング・ロンランド (著),上杉 周作 (訳),関 美和 (訳)
 2019年1月に発売された本です。読む切っ掛けになったのは、NHKの番組であるあさイチで特集を組んでいた事です。本屋でも宣伝しておりましたので元々知ってはいたのですが、今回良い機会だと思いましたので読んでみる事にしました。ファクトフルネスとは、言葉通りファクト=事実に対してフルネス=満ちている事です。世の中に対して、データや事実に基づいて見るという事の大切さを書いております。これだけ見れば一見当たり前の事を書いている様に思えますが、実は世界中の殆どの人がこれが出来ていないという事が分かっております。本書では、始めに10前後の現在の世界を確認する3択問題を提示しております。どれも何となく答えられそうなものばかりですが、これが非常に正答率が悪いようです。そして、正答率が悪いのは教養があるないとか世界的な投資家や企業の社長や政治家とか関係なく皆一様に同様でした。何故そうなってしまうのか、それは人々が思ったよりも思い込みに囚われているという事実があります。例えば、アフリカ諸国に住む人々は日々どのような生活を送っていると思いますか?答えは、私達とほとんど変わりません。電気を使えるのは勿論、ネットも使えますし何ら変わることはありません。一部の内戦が起きている国など例外はありますが、そうした例外はアフリカに限らずどの国でも一緒です。そのような、主に10の思い込みについてこの本で紹介しそれを払拭してくれます。そして、こうした思い込みを無くしてデータと事実に基づいて世界を見れば、ビジネスチャンスは勿論世界資源の効果的な再分配にも繋がります。まずは、冒頭の質問に答えてみてください。正答率が高い人は、読まなくても良いかもしれません。正答率が低い人は、是非本書からファクトフルネスの大切さを感じてみてください。面白かったです。

 後は、単純に読みやすいんですよね。口語調で書かれたテキストは実際の講演を聞いている様でスッと頭の中に入ってきます。各章が絶妙な長さなのも良かったです。
スポンサーサイト



  1. 2021/03/27(土) 21:00:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<アレグラ | ホーム | 新幹線通勤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2091-c6b8bd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する