FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

日本の社会保障

 今日は何もない休み。来週1週間はメチャメチャ忙しくなる事が確定しているので昨日今日は好きなように休日を過ごしてしまいました。今から少し憂鬱ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。会社の上司から勧められた本で内容は固いですが、切り口が面白かったので印象に残りました。

日本の社会保障 - 広井 良典
1999年1月に発売された本です。タイトルの通り、日本における社会保障の歴史と在り方について書いております。書かれた年が1999年という事で、今は2021年ですので今更読む意味があるのかと思う人もいると思います。私自身もそうでした。ですが、実際に読んでみてこれはいつどの年代で読んでも意味があるなと思いました。この本は新書ですので、書かれた当時の社会を分析して提言を書いております。ですが、その殆どは社会保障というものの歴史について書いておりました。例えば、ヨーロッパとアメリカでは国の成り立ちが違うので当然社会保障の在り方が違います。そして、日本は第二次世界大戦で敗戦した国という事で社会保障の在り方は当時のヨーロッパやアメリカを真似て作ったそうです。行ってしまえば、ヨーロッパとアメリカのハイブリットですね。ここで大切なのは、社会保障の在り方はその国の在り方と密接な関りがあるという事です。言ってしまえば、他の国の社会保障を真似しても上手くいく筈がないという事です。他にも、長い歴史の中で個人の在り方や共同体の在り方の変化についても書いておりました。その都度時代が求める社会保障が変化しているという事です。そして、1999年当時から見たこれからの社会保障の在り方も書かれておりました。内容はドンピシャで、本当未来を予測しているかのようでした。歴史を紐解き社会保障の成り立ちを解き明かす事で未来を予測する、これが学問のあるべき姿だなとも思いました。まあ20年以上前の本ですので敢えて読む必要があるかと言われれば無いかも知れませんが、これぞ新書であり教養になると思いました。読んで良かったです。

 今はSNSなどで世界中が丸見えですし環境問題も待ったなしですので、ますます社会保障の在り方は変化していくと思います。本書でもその事にしっかりと触れており、先見の目があるなと思いました。
スポンサーサイト



  1. 2021/02/28(日) 18:02:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<みんなで筋肉体操 | ホーム | 冷凍ギョーザ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2082-c5ff60df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する