FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

教養として学んでおきたい仏教

 今日は何もない休み。最近は仕事も忙しくてビジュアルノベルは土日しか読めない感じになってます。それでもとりあえず定期的にレビューを更新出来ているので問題なしです。次のレビューもきっと週末ですのでそれまでお待ちください。

 今回は最近読んだ本を紹介します。電車に乗る機会も殆ど無くなったので、読書の量も大分減ってるんですよね。積み本だけは沢山あるので消化しなければ・・・

教養として学んでおきたい仏教 - 島田裕巳
2019年4月に発売された本です。この本を読もうと思った理由は明確にありました。それは、仏教にある空という考えを知りたかったからです。空とは、実体のないものや空しいものと言われている考えです。全ての物事に絶対という事はなく、また同時に境界もないという事であり、全てのものの価値観は自分自身にあるという認識でした。この考えは様々な価値観が蔓延っているこの現代において私が自分を確立する為に密かに大切にしております。ですが、そもそも私は仏教という物について体系的に何も知らないという事を忘れておりました。どこかでちゃんとした本を読んで基礎知識を知りたいと思っておりました。そんな時に目に留まったこの本はまさに今の自分の為にある一冊であり、すぐに手に取ってしまいました。この本では、仏教がどういう宗教なのかという事から始まり現代における仏教の在り方にまで迫るものでした。私、この本を読むまで仏教を完全に誤解しておりました。仏教って、決まった開祖もなく地域や場所によって信仰の在り方が全然違うんですね。キリスト教やイスラム教との明確な違い、それは開祖がいないという事です。いわゆる釈迦と呼ばれる存在は唯一無二のものではなく、誰でもなる事が出来るとの事です。それが故に、死後の世界の考え方とか輪廻の考え方が地域によって様々であり独自に変化し伝わっていったのだそうです。確かに、言われてみれば日本も仏教はありますけど東南アジアやネパールのそれと同じとはとても思えませんからね。だからこそ、私が読もうと思った切っ掛けである空という考え方もほんの少ししか紹介されておらず、殆どは仏教の歴史と在り方にまつわる物でした。仏教には空を始め決まった考え方や理念がある、その先入観を壊してくれてありがとうございます。日本式の仏教の考え方が何となく分かりましたので、後は自分と照らし合わせて触れてみようと思いました。

 宗教は絶対的なものと思ってましたけど、考えてみればその土地の文化や風土に合わないと広まりませんからね。そういう意味で、仏教はとても柔軟な宗教なのかも知れませんね。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/12(日) 19:52:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<マットレストッパー | ホーム | シフォンケーキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/2006-6bf4e74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】DP八段
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する