FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

新世紀エヴァンゲリオン感想

 今日は普通の日勤。職場でも時差出勤が始まってコロナウィルスの影響が見直になってます。本当に2週間たって収まるんですかねぇ。そうでないと困りますけどね。

 年始めに新世紀エヴァンゲリオンを見るという記事を書きましたけど、つい先ほど全部見終わりました。以下感想を書いてみようと思います。続きを読むからどうぞ。(ネタバレの為反転でお願いします)


 結局のところ、セカンドインパクトの原因やエヴァンゲリオンの正体は明確に語られませんでした。それ以上に、碇シンジという人間のエヴァンゲリオンを通した生き様を描いたのがこのアニメの全容だったなと思っております。人類補完計画、それは人間誰もが持っている心の隙間を埋めるという壮大な計画でした。自分は周りの人にどう思われているんだろう、自分に居場所はあるのだろう、これはきっと誰もが心に思う事だと思います。そして、人は社会や人と触れないと生きていけません。ですが人は人がどう思っているか分かりません。だから悩み苦しみ不器用になるのだと思います。ですけど、見方を変えれば必ず自分にとってマッチングする場所がある筈です。どれだけ努力しても合わない人がいるように、絶対に合う人もいると思います。そんな空間を見つける事が出来たら嬉しいですね。そして、そんな自分が生きても良いんだという場所を碇シンジが見つける事が出来た時が、この作品の終わりの時でした。ずっと自分に自信を持てなかった碇シンジ、誰かの視線を気にしてばかりいた碇シンジ、エヴァンゲリオンに出会って、沢山の人に出会って、少しだけ自信を持つ事が出来たみたいです。良かったですね、おめでとう。とてもスッキリした終わり方だと思いました。

 後は、ネット上で色々出回っている色々なコラの元ネタが分かって良かったです。ヤシマ作戦とか、ATフィールドとか、笑えばいいと思うよとか、全部エヴァだったんですね。精々逃げちゃダメだくらいしか知りませんでしたからね。そして確かに斬新な演出だったなと思っております。ずっと同じ画面を固定したままにしたり、光の使い方が激しかったり、簡単に街や人間や兵器が壊されたり、先が読めない展開に緊張感が途切れませんでした。そして碇シンジ、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレーがどんな人物なのかも分かって良かったです。今や街を歩けば普通に顔を見る事が出来ますからね。キャラクターが分かって、尚更愛着も湧くというものです。さて、次は劇場版を見る事になりますね。私、てっきり魂のルフランとか流れると思ってましたもの。調べたら、劇場版のOPなんですね。何れにしても、シ徒が倒されたからの可能性のある未来の一つですので是非見てみようと思います。社会現象になった魅力が良く分かりました。楽しかったです。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/06(金) 20:39:15|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺か、俺以外か。 ローランドという生き方 | ホーム | 劇場版SHIROBAKO感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1964-f377e179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する