FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

クモの奇妙な世界 その姿・行動・能力のすべて

 今日は夜勤明け。久しぶりに緊張感のある夜勤でした。段取り良く予定通り進むのも大事ですけど、不測の時に適切に対応出来るのも大事ですね。

 今回は最近読んだ本を紹介します。最近生物の本をよく読む気がしますけど、ちょっと自分の中でブームになっているのかも知れません。。

クモの奇妙な世界 その姿・行動・能力のすべて - 馬場 友希
 2019年9月に発売された本です。私、実は世の中で一番嫌いな虫は蜘蛛なんです。あの足が8本もある姿と、黄と黒の縞々で目立つ模様と、何よりも蜘蛛の巣を張ってまるで宙に浮いている様に佇む様子が怖くて嫌いでした。それは今でも続いてまして、敢えて自分から近づこうとはしませんね。ですけど、なんで蜘蛛はこんな風に進化したんだろうというのは常に疑問に思ってました。嫌いですけど、興味はあったんですね。小学校の時も妙な習慣に気付きました。蜘蛛って、同じ個所に二度巣を作らないんです。蜘蛛が大嫌いな私が6年間蜘蛛が出たところを地図でマーキングしていたので間違いありません。この本では、そんな蜘蛛の生態について様々な視点で分かり易く伝えております。蜘蛛がどうやって生きてどうやって生存競争を生きているのか、蜘蛛が自然界にどのような影響を与えているのか、蜘蛛と人間はどのように関わっているのかについて具体的な事例を多数交えて紹介しておりました。自分達が普段見ている蜘蛛はほんの一部分で、例えば昼と夜で蜘蛛の様相は全然変わってきます。他にも巣を張る蜘蛛や巣を張らない蜘蛛の違い、ご当地蜘蛛なども紹介しており、想像以上に種類が居るんだなという事が分かりました。全部で350ページと長めですが、章が細かく分かれており目から鱗の話ばかりでしたのでスラスラと読めました。是非蜘蛛が嫌いだったあなたは勿論、そうではない方にも読んで頂きたいです。まあ、それでも蜘蛛が苦手な事は変わりませんでしたけどね。

 やはり、敵に対処するにはしっかりとした知識を身に着ける事が必要ですね。そして、気が付いたら好きになっていたらビビりますね。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/17(金) 14:38:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Tokyo StackArt Wind Ensemble | ホーム | 緩やかな繋がり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1948-272b25b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する