FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

マインド・コントロール

 今日は夜勤明け。夜は職場のグループから後輩が異動するという事で送別会をやってました。大宮にある非常にコスパの良い中華料理屋で食べ飲み放題、出てくる話題に辛気臭いものは一切ありませんでしたね。楽しい時間でした。

 今回は最近読んだ本を紹介します。ここ最近自分探しの旅に行ったりと移動の時間があり、それなりに本を読む時間が取れましたので結構冊数が溜まっていたりします。

マインド・コントロール - 岡田尊司
2016年に発売された新書です。読む切っ掛けになったのは、お知り合いの方に少し読ませてもらった事です。マインド・コントロールというどこか犯罪めいたネーミングですが、多かれ少なかれ人間は周りの環境に左右されて生きている事を記した一冊となっております。マインド・コントロールとは、特殊な技術なのでしょうか?若しくは、特定の人しか掛からないのでしょうか?最後まで読んで、私はどちらも違うなと思いました。どんな人でもマインド・コントロールに掛かる事はありますし、難しい技術が無くてもマインド・コントロールを掛ける事が出来ます。キーワードは主体性です。本書では、歴史上の様々な事件にフォーカスを当てて、何故このような事件が起きたのかを心理学の面から分析しております。併せてそれらの分析から得られた教訓を日常生活の場面に落とし込んでおります。大切なのは、日々考えて主体性をもって生活しているかという事です。現代社会はSNSなどに代表されるように情報多可になりがちであり、逆にリアルの付き合いは減少している傾向にあります。本書的に言えば、脳が情報を欲している状態と不要としている状態が繰り返されているという事です。こういう時こそ、人は自分らしさやアイデンティティを見失いがちです。そして、そういう心理状態だからこそマインド・コントロールは掛かり易くなるとの事です。本書は新書としては300ページ近くもある比較的ボリューム多めの内容です。様々なケースが書かれておりますので、是非他人事と思わず自分も同じ事に逢うのではないかと思ってみて読んでみて欲しいです。決して人をマインド・コントロールする為の本ではありませんので、その点はご注意を。

 社会の中で生きる以上人や物との関わりを断つ事は出来ません。考えて生きる事無しに自分らしく生きる事は出来ないのが真理だと改めて思いました。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/26(木) 22:11:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<JORMUNGAND | ホーム | テンポの揺らぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1911-be72b748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する