FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

平砂アートムーヴメント

 今日は普通の日勤。今週は仕事の山で、ちょっとビジュアルノベル読む暇もDDRする暇も無さそうです。その分、来週からは少し弾けるつもりです。ちょっと踏ん張ります。

 先日ZEYOというお店に行ったという記事を書いたのですが、その後真っ直ぐ帰るのではなく筑波大学内にある平砂学生宿舎に行ってきました。平砂学生宿舎とは、筑波大学に通う学生の為の宿舎です。大学時代に学生寮に通った事がある方であれば何となくイメージが湧くと思いますが、得てして学生寮という物は設備が古く良い住環境であるとは言い難いです。実際私が新潟大学時代東北大学院時代に住んでいた学生寮も中々のオンボロでした。今回行った筑波大学の平砂学生宿舎もまさに同様な感じで、昭和の香りが漂う雰囲気が哀愁漂います。この平砂学生宿舎ですが、建物の老朽化もあり宿舎としての利用が停止になったとの事です。そして、この宿舎を利用してアートを行おうという企画が行われました。それがタイトルにあります平砂アートムーヴメントです(公式HPはこちらからどうぞ)。これは、筑波大学生を中心とした55名の方が自身のアート作品をこの平砂学生宿舎に展示する試みです。宿舎として使われなくなった場所をアートとして再利用するという試みと、ボロボロの建物という題材を好きに使って良いという魅力が素晴らしいと思いました。展示は、宿舎内の各部屋やトイレなどの部屋で行われました。それぞれの部屋には当然ドアがあるのですが、入口に作品のタイトルと作者の名前があり、扉を開ければそこにアートが広がるのです。この想像する楽しみもまた魅力だと思いました。今回私は筑波大学出身である職場の後輩と来たのですが、部屋に入る前にどんな展示なのがお互い予想しながら入りました。インスピレーション溢れる作品ばかりですので当然予想など当たりません。だからこそ、扉を開くまでのワクワク感が楽しかったです。展示も、学生らしい真っ直ぐなものばかりでした。視覚に訴える物、音を使用した物、謎解きがある物、全く意味が分からない物、とにかく様々でした。どの展示もちょっと見て理解できるものではなく、部屋の隅から隅まで味わい尽くしたいと思わせる物でした。正味1時間30分くらい見て回っていた気がします。本当、学生宿舎というセットとアートの組み合わせが最高でしたね。ここから新たな才能が旅立っていくのかと思うと本当楽しみです。良い展示会でした。

 ちなみに一緒に回った筑波大学出身である職場の後輩もまた、この平砂学生宿舎の出身でした。部屋の間取りや炊事場なども紹介してもらいました。学生宿舎の不便さは、やっぱりどこも共通なんですね。
スポンサーサイト



  1. 2019/06/04(火) 21:12:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大哺乳類展2 | ホーム | ZEYO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1874-7592b80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する