FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

翔んで埼玉

 今日は普通の日勤。久しぶりに普通の時間に帰って来れた気がします。仕事をしたり楽器を吹いたりするのはそれで楽しいですけど、だからこそビジュアルノベルを読むのがもっと楽しくなるんですね。

 今回はタイトルにあります通り翔んで埼玉の感想を書こうと思います(公式HPはこちらからどうぞ)。空前絶後のディスりを売りにした本作ですけど、本当に笑いましたしご当地愛を感じました。ネタバレありですのでご覧になりたい方は続きを読むからどうぞ(反転です)。
 

 …よくもまあここまで埼玉をディスってくれました、って感じですよ。しかもディスり方が本当にローカルで、これ県外の人には分からないんじゃないかって思いました。熊谷が群馬県とか、大宮と浦和の争いに「与野は黙ってろ!」とか、千葉とか茨城とかのディスり方も尋常じゃなかったですからね。これ、埼玉県民は根っから東京の植民地意識が強いから笑ってられますけど、他の件で同じ様なネタをやったらどうなるんでしょ?とりあえず埼玉県に住んでて良かったって思いました。

 逆に、私は東京都民がこれを見たらどう思うかを訊いてみたいですね。作中では壇ノ浦百美が「所沢」って聞いただけで倒れそうになってましたけど、実際所沢に対してどう思ってるんでしょうかね。埼玉県民にしてみたら「そこで所沢かよww」って笑うだけですけどね(私はここが一番ツボでした)。クライマックスでも「家を建てよう!春日部に!」で菅原愛海がドン引きしてましたからね(劇場で一番笑いが上がったのはここでした)。そもそも東京都民は埼玉県の地名をどれだけ知っているのでしょうか?実際、所沢でも春日部でも川口でも大宮でも大して変わってないんじゃないかって思ってしまいます。これはもしかしたら東京都民と埼玉県民で見たら面白いのかも知れませんね。

 後はちゃんと細かい設定が埼玉県で凄いと思いました。山田うどんとか、しまむらとか、草加せんべいとか、NACK5とか、今だから言いますけど、私は「人生たまたま…さいたまで」は正直好きではありませんでした。ですけど不思議とそれすらも好きになってしまいそうになるんですよね。これがご当地愛なのかも知れません。とはいえ、私は生まれは山形県でして埼玉県歴は大凡6~7年といったところです。それでも車の中でNACK5を聴いて、道路沿いに普通に山田うどんとかがあって、そんな景色を当たり前に思っておりました。私ですらこれだけ愛着を持てるのですから、絶対に埼玉県生まれの人はもっと笑えて泣けると思います。

 実際、映画が終わってから周りの人が「死ぬほど泣いたわww」って言っているのが印象的でした。恐らく埼玉県民でしょう。他にも「ここの地名はあんまり出なかった」「群馬の方は酷いわww」「千葉には勝てんわ」とか、口々に感想を言っている様子が印象的でした。まあ、これを見たら自分の中の埼玉を語らずにはいられないという事ですよ。ちなみに、今回私が見た映画館はさいたま新都心にあるMOVIXさいたまです。まさに埼玉の中心で見ましたので、周りの人も殆ど埼玉県民だったと思います。これはやっぱり埼玉県の映画館で見るべきだと思いました。

 この作品は基本コメディですけど、それぞれがそれぞれのご当地愛を持っているのが伝わりました。ご当地愛があるからこそ、迫真の演技の中に笑いと涙が混在出来るのだと思いました。冗談じゃないんですよ、本気で埼玉の事をバカにしてるんですよ。だからこそこの作品は大ヒットしたのかなと思っております。容赦なく細かい設定に容赦ない埼玉のディスりっぷり。そんな風に、いつまでも馬鹿にされて愛される埼玉県であって欲しいと思いました。まずは、池袋から侵略しなければいけませんね。世界埼玉化計画を進めていきましょう!
スポンサーサイト



  1. 2019/04/17(水) 20:28:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とある魔術の禁書目録III 感想 | ホーム | DDR A2O>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1858-40c6d913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する