FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

C95

 いよいよ今年も残り数時間で終わろうとしております。タイトルにあります通りコミックマーケット尽くしの3日間を過ごしました。好きな物に囲まれた最高に幸せな時間でした。

 私もコミックマーケットに参加して今年で15年になろうとしております。同じイベントに15年も参加すれば、もう十分にベテランなのだと思います。ですが、それで飽きが来るかと言えば決してそんな事はありません。むしろ回数を重ねれば重ねる程新しい発見や出会いがあり、また次回も行こうという気持ちにさせてくれます。それだけサークル参加されている方々の創作物に力があり、またそれを求めてやってくる一般参加者の方々の気持ちにも力があるという事です。コミックマーケットの様な好きな物・表現したい物に対して素直に向き合う事が出来るイベントは、是非これからも続いて欲しいと思っております。

 ですが同時に反省点も今回幾つかありました。具体的には、サークルチェックが形骸化しているという点です。私は同人ビジュアルノベルのサークルさんについてはいつも関わったサークルさんをチェックしてROM版のチェックリストとして保存しております。これで毎回取りこぼしをする事はありません。ですが、実際のところサークルチェックに関わらず同人ビジュアルノベルの島は一通り見て回ります。言ってしまえば、サークルチェックする意味を失っていたのです。この感覚が、個々のサークルチェックを疎かにしてしまう結果となりました。その為今回欲しい作品を入手する前に完売してしまったり、そもそも目的のサークルに行き忘れていたりという結果となりました。この辺りは初心に帰り、より丁寧に念入りにサークルチェックを行おうと思いました。他には体力面に対する配慮です。今回は3日間フルで参加したのですが、おかげ様で三日目くらいにはもう足の裏が限界に来ており待機列で立っているのも厳しい状況でした。その為の対策として100円椅子などがあるのですが、一日目はそれを忘れるという失態を犯してしまいました。余計な体力を使ってしまったという事です。コミケは何が起こるか分からないイベントですので、念には念を入れるという基本も少し薄れていたのかなと思っております。これもまた、初心に帰って十分な対策を行う事が必要だと思いました。

 それではここからは各日付毎に振り返ってみようと思います。まずは一日目です。一日目は主に企業ブースでCDを買う事が目的でした。それでも3つ程しか行きませんのでそれ程大変では無いかなという印象でした。ですが、今回その甘さがとなる出来事が起こりました。今回企業ブースは東7西3・4で分かれているのですが、どうしてもこのホール間の移動が発生します。その為、先に西3・4で1つ企業に行き、その後東7で2つ企業に行く作戦にしました。ちなみにこの日は8:15に国際展示場駅に到着し、その後待機列に並んで10:30には西3・4に着いてました。買い物もスムーズに終わり11:00には東7に着いてました。これは順調だなと思っていたのですが、その後に並んだビジュアルアーツが失敗でした。私、久しく忘れていました。ビジュアルアーツは、待機列の長さ最王手企業の1つでした。本来であればここに一番先に並ぶべきでした。それを怠った為、140分程並ぶ事になりました。幸いレジの進みは良かったのですが、そもそも列自体が異常な長さでした。久しぶりに、20代前半の様な参加の仕方をしてしまいました。最終的に13:30にビジュアルアーツが終了、残りの企業もサックリ終わりました。その後は1つだけ行きたいサークルさんに顔を出して、最終的に14:00で終わりました。殆どビジュアルアーツで並んでる時間でした。おかげ様で初日から足腰がパンパンでした。この辺りも油断せず作戦を練るべきでした。ビッグサイトを離れてからは15:00に秋葉原に向かい、フォロワーでありノベルゲームプレイヤーであるたいき氏と2~3時間位雑談してました。こういう機会でもないとのんびりお話出来ませんので、凄く楽しかったです。そんな感じで19:00に帰宅し、翌日に供えました。

 次に二日目です。二日目は同人ゲーム及び同人音楽の日です。即ち私にとってメインの日となります。その為二日目だけは持ち物も多くなり重装備で臨みました。また、今回もLEVEL PLUSさん(公式HPはこちらからどうぞ)で売り子をさせて頂きました。コミケでは毎回お世話になっており、今回も色々とお話させて頂いて凄く楽しかったです。この日は7:30に新橋駅で合流してそのままゆりかもめでビッグサイトに向かいました。会場には8:15くらいに到着し、のんびりと準備して10:00の開会を待ちました。ちなみに、今回は後述するひなビタ♪ライブに向けて初めてキャリーバックを導入しました。キャリーバックそのものは前回のサークル参加時にも導入したのですが、一般参加だけの時に持ち込んだのは初めてでした。どうしての戦利品を一時ロッカーにしまう必要があったからです。その為少しだけいつもと勝手が違いましたので、やや開会前はバタついてました。それでも開会後はいつものようにのんびりと同人ゲームの島を周りました。途中お知り合いのサークルさんがいたらご挨拶し、主に完成版の作品を中心に手に取らせて頂きました。ですが、その途中で既に完売していたサークルさんもありました。正直、これは事前のサークルチェックで確認できる筈でした。完全にチケットに甘えていた結果でした。それでも、いつもの通り手提げ袋がパンパンになるまで買わせて頂きました。その後11:30くらいからはほぼLEVEL PLUSさんのところで売り子をしてました。途中お知り合いの方々も顔を出して頂き嬉しかったですね。隣のサークルさんともお話して、マッタリと過ごす事が出来ました。最後の16:00まで会場にいて、LEVEL PLUSさんや別口で来ていたプレイヤーの方々とお話してました。その後は通常であれば打ち上げに参加するのですが、今回は上でも書いたひなビタ♪ライブがある為そのままそっちに向かいました。一旦国際展示場駅のロッカーに全ての荷物を預け、早めの夕食を取ってから18:15くらいに会場である豊洲PITに来ました。最終的にライブが終わったのが21:30、そこから荷物を回収し帰宅したのが23:00でした。もうかなり遅い時間でしたので、目覚ましも掛けず起きたら準備するスタンスで翌日に供えました。

 最後に三日目です。三日目は男性向け創作の日です。つまるところエロの日です。三日間で一番参加者が多い日であり、必然的に島サークルの異常なまでの込み具合に晒される日となっております。私もサークルチェックした結果エロ・エロ以外・評論と別れてましたので、迷うことなくエロを先に回ってそこから後はマッタリと回る作戦に出ました。起床したのが6:30、そこから身支度して7:30に出発しました。国際展示場駅に到着したのが9:00で、待機列確定したのが9:20でした。普段よりやや遅めではありましたが、大手壁サークルとかに行くわけではないのでこれでも十分でした。その後10:50にビッグサイトに入り、ここから戦いが始まりました。エロの日の島サークルの混雑具合を、文字で説明するのは大変難しいです。言ってしまえば、ヘドロの様な状態ですね。もう本当に隙間が無さすぎて、自分が進みたい方向に行く事が出来ないんです。そしてあまりにも多い人の為、サークルさんの机が押されて倒れてしまいそうになる位でした。とても立ち読みなんて出来ません。みんなお目当てのサークルさんに近づいたら、1,000冊を持って腕を伸ばし何とか新刊を手に入れるという感じでした。こればっかりは毎回嫌になりますね。何とか11:30には終えて、それ以外のサークルさんを周ってました。今回特にエロゲーの評論本が熱かった印象でした。長年このジャンルでサークル参加されているお知り合いの方に訊くと、年々エロゲー評論のサークルさんは減っているとの事です。だからこそ、全てのサークルさんを丁寧に見てみようと思いました。何だかんだでけっこうな冊数を買ってしまいました。あれですね、エロゲー評論本って表紙だけではダメで中身を見てみないとどんな感じなのか分かりませんね。今回じっくりと見させて頂き、自分の大好きなメーカーや作品を取り扱っている物、同人ビジュアルノベルを取り扱っている物などを手に取らせて頂きました。その後ビッグサイトを脱出したのですが、ここでまさかのたいき氏と偶然合流出来ました。調度お互い帰る途中でしたので、品川駅まで向かいお昼を食べてました。最後の最後まで好きな物の話が出来たコミケとなりました。

 という訳で、今回も3日間全て参加させて頂きました。正直体力的には全てを振り絞る感じでした。実際今日も家に帰ってきたら、不意に眠気が来て3時間位寝落ちしてましたからね。今はとりあえず元気ですが、この日記を書き終えたら後整理をしてもう寝てしまうかも知れません。逆に言えば、それだけ充実していたという事なんだと思います。コミケを切っ掛けに色々な人とお話出来ましたし、沢山欲しい作品も手に入れる事が出来ました。コミケの外でも知り合いとお会いしたり飲んだり出来ました。間違いなく、コミケを1つの切っ掛けとして自分の趣味生活は回っているなと思いました。幸せってこういう事を言うのかも知れません。まだまだ不器用で人と話すのも苦手な私ではありますが、今年もそんな私に付き合って頂いて本当にありがとうございました。来年になってもいつものように活動していくと思いますので、今後ともM.Mの部屋をよろしくお願いします。C95に参加された全ての皆さん、お疲れさまでした!


【持ち物】

・・・無かったら死んでいたもの
・・・無かったら困っていたもの
白・・・そこまで使わなかったもの
・・・無くても困らないけど持って行って良かったもの

寒さ対策
・貼らないカイロ
・マスク

雨対策
・45㍑袋×10(有事の際)
・ポンチョ
・折り畳み傘

待機列対策
100円椅子
カタログ(各日付毎に切断)


サークル廻り用
・財布×5(500円玉用1,000円札用その他の小銭用その他のお札用貴重品用
ガバン
チェックリスト(ROM版から印刷したもの)
・無地手提げ袋×3(財布取り出し用(小)、脱出用(大)×2)
・国鉄コンテナ
デスコケース
・フリクションペン
・メモ用の紙
名刺
・名刺入れ(貰った時しまう用)
キャリーバッグ

その他
スマホ
Suica
・ポケットティッシュ×3
モバイルバッテリー
・コンビニの袋×3(ゴミ袋用)

----------------

【服装】

上半身
ヒートテック
・ジャケット
・ダウン
マフラー
手袋

下半身
黒タイツ
・パンツ
----------------

【収支】

事前通販
⇒22,872円

1日目
⇒20,800円

2日目
・1,000円×50枚→20枚
・500円×50枚→32枚
・100円×0枚→3枚
⇒38,700円

3日目
・1,000円×20枚→13枚
・500円×32枚→28枚
・100円×3枚→3枚
⇒9,500円

合計
⇒91,872円

----------------

【その他メモ】
・今回キャリーバックを導入した事で帰りの手提げ袋は不要だった。大きい無地手提げ袋も要らないかも知れない。
・同じくキャリーバック導入により国鉄コンテナの入れ物も使用しなかった。
・今回は3日間とも晴れが確定したいのでポンチョは二日目しか持って行かなかった。
・デスコケースを用いた小銭の出し入れも安定してきたが、小さめの手提げ袋はもっと底の浅いものを探す。
・事前通販予約は、一日目の前日に行いこの日だけで全てのサークルを予約してしまう。
・ROM版のカタログはプレイ済みのサークル、オススメされたサークル、予約済みのサークル、音楽サークル、知り合いのサークル・本のサークルで色分けした。
・コミケが終わってから知ったサークルもROM版のカタログに記録する。次回以降抜けが無くなる。
・名刺入れに予め10枚くらい入れておいたので、急遽お渡ししたい時にスムーズに出す事が出来た。
・当日急遽知ったサークルさんをメモする意味でフリクションペンが役に立った。
・1,000円札を50枚、500円玉を50枚用意でほぼ安定。定常にする。
・前回から引き続き新規の体験版は全て断った。荷物の大幅な削減になった。
・サークルチェックは公式HPを含めて隅から隅までチェックし、サークル巡りの優先順位に反映する。
・100円椅子は外の待機列で並ぶ際は必須。今回一日目に忘れたので次回は忘れない。
・企業ブースは、過去の傾向と照らし合わせ優先順位を検討する。
・ヒートテックと黒タイツは、外の待機列に並ぶときだけで大丈夫。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/31(月) 21:43:35|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2019抱負 | ホーム | 「ビジュアルノベルをレビューするビジュアルノベル」オフ会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1822-4494ad2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する