徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

JAEPO2018

 今日は休みで、タイトルにあります通りJAEPO2018というイベントに行ってきました。毎年この時期の恒例のイベントでして、目的は勿論The 7th KACのDDR決勝大会を見に行く事でした。

 JAEPOとはジャパンアミューズメントエキスポの略で(公式HPはこちらからどうぞ)、アーケードゲームのゲームショウの様なものです。2010年のAOUの時から可能な限り毎回参加しており、今回で8回目になります。そして冒頭でも書いておりますが、目的はKONAMI Arcade Championship(以下KAC)というKONAMIのアーケードゲームのトップを決めるイベント(公式HPはこちらからどうぞ)のDDR決勝大会を見に行く事でした。私の趣味の中でDDRは非常に大きなウェイトを占めております。そしてKACに出場するようなトップランカーの方々は常に目標であり憧れであり尊敬している存在です。トップランカーの方々と比較して自分の実力など蚊ほどもありませんが、彼らのプレイを間近に見る事が出来るのとそんなトップランカーの方々を応援するDDRファンの皆さんが作り出す空気を感じる為になにがなんでも見に行こうと決めておりました。

 今回のDDR KACも昨年と同様世界を股にかけたイベントとなりました。エリアを東日本・西日本・アジア・韓国・北米の5地域に分けてオンライン予選を行い、そこからそれぞれ上位1人だけがこの決勝大会に進む事が出来るのです。日本だけはあらかじめエリア予選を開催しており、そこから上位1人とワイルドカードの1人を加えた計3人が決勝大会に進みました。以上の6人と昨年のチャンピョンであるCHRS4LFE氏を加えた計7人で今年のチャンピョンを決するのです。まさに世界一を決める戦いです。そして、昨年は韓国のFEFEMZ氏・北米のfungah氏と昨年のチャンピョンであるCHRS4LFE氏が抜きん出た実力でした。この3名が今年も揃って決勝に進出という事で、もう誰が優勝しても不思議ではない状況でした。

 DDR決勝大会は14:30に開始予定という事で、私は13:00に海浜幕張駅に到着しそこからお昼を食べました。13:30には会場入りし、まだ時間はありましたのでKONAMIを中心に他の出展物をぐるっと見てました。一番注目したのは、昨年ゲリラ的にロケテストが行われたDANCERUSHという新しいゲームでした(公式HPはこちらからどうぞ)。ロケテストは関西でのみ行われたという事で実物を見たのは今回が初めてでしたが、簡単に言えばパネルがなく自由度が増したDDRですね。右足と左足をセンサーで感知し、画面を見て指示されたポジションで指示された足で踏むといった感じです。途中体全体を上げたり下げたりする場面もあり、よりダンスらしく表現出来そうです。何よりも右足と左足を指定しておりますので、嫌が応にも身体を捻ったり滑らせたりしないといけないのです。ですけどとても楽しそうでした。ちなみに自分が到着した時点で既に120分待ちでしたのでプレイは諦めました。

 そしていよいよDDR決勝大会が始まりました。周りにいる人は全てDDRのファンばかりです。そして決勝大会に残ったファイナリストは勿論、解説を担当されたgahou氏・DOLCE氏・BROSONI氏もまた日本を代表するトップランカーです。他にも北米の選手を応援するべく30人以上の大応援団もいました。周り全てがDDRに精通しており、DDRが好きな人だけの空間でそれだけで嬉しくなりました。プレイの様子はもはや言葉に出来ませんでした。選曲される曲の全てがLv17以上です。それを難なくFCしていきます。中にはPFCも出まして、これが世界の実力かと大興奮でした。途中ファイナリストであるほしケチ氏が「これから世界陸上の始まりです!」と言ってましたが、これは比喩でも何でもなくそうだと思いました。結果としては韓国代表のFEFEMZ氏が僅差で優勝しましたが、誰が優勝してもおかしくないトップレベルの戦いでした。

 そして、DDRの大会で欠かせないのが全員が友達でありライバルであり仲間であるという一体感です。大会中は常にファイナリスト同士で雑談したり写真撮影していたりとリラックスした様子でした。そしてプレイし終わった後はお互い抱き合いながら成果を称え合うのです。この関係は本当に見ていて気持ちが良いです。私、実は昨日からファイナリストの方々のツイートを追っていました。すると、彼らほぼ全員前日に秋葉原で一緒に前夜祭と称して遊んでいたんですね。そりゃ仲良くもなりますよ。というよりも、この仲の良さは昨年も同じでした。お互いライバルですがそれ以上に仲間である。後はDDRさえあれば充分。そんな関係が最高でした。ファイナリストも解説者も観戦者も全員が一体となった雰囲気に加われて嬉しかったです。

 その後はJAEPO恒例のBEMANIスペシャルライブが開催されました。これはBEMANIのアーティストが生で演奏したり歌ったりするファンサービスです。昨年は見なかったのですが、後でアーカイブを見てものすっっっごく後悔しましたので今回は絶対に見ようと決めてました。今日KACの決勝大会が行なわれたのはギタドラ・ノスタルジア・jubeat・DDRという事で、それにちなんだ楽曲がメインでした。そして、DDRの楽曲はまさかのメドレーでした。その名もDanceDanceRevolution 20th Anniversary NONSTOP MEGAMIXですよ。もうね、昔からDDR好きな人にとってはもう号泣ものです。まず、今年がDDR稼働して20周年になるという事。そしてタイトルにあるNONSTOP MEGAMIXが、昔のDancemaniaをリスペクトしてますからね。このネーミングだけで泣けます。そして構成曲こそTAGとU1の曲のみでしたが、家庭用DDR1stに収録されたPARANOiA KCET ~clean mix~から始まり、PARANOiA RevolutionTohoku EVOLVEDLondon EVOLVEDPOSSESSIONMAX.(period)Over The "Period"ですからね。もうDDRの歴史を作った大ボス曲ばかりです。そして最後に飾ったのは現在稼働しているDDR AのENCORE EXTRA STAGE専用曲であるACE FOR ACESでした。今年稼働から20年を迎えるにあたってこれ以上ないというメドレーでした。

 ですが、その後に流れた曲と演出がそれ以上の破壊力を持っておりました。正直な話、私はこのタイミングで泣いてしまいました。その後画面に流れたのは、上でも書いたDANCERUSHのプロモーション動画でした。そして流れた曲は、BUTTERFLYのkors kリミックスでした。この時正直思ってしまいました。ああ、もしかしたらDDRはこれで終わりなのかな、と。そしてDDRはこれからDANCERUSHに引き継がれるのかなと。BUTTERFLYという曲は、きっと殆どの人が知っていると思います。曲名は知らなくても、曲を聞けば「ああ、この曲か」と思うと思います(参考動画はこちらからどうぞ)。何よりも、DDRの稼動開始時はKONAMIのオリジナル曲は殆どなくDancemaniaの曲たちが彩っていたのです。そして1stからずっと親しまれているのがこのBUTTERFLYです。これが流れるという事、それは間違いなくDANCERUSHがこれからのダンスシミュレーションゲームを引き継ぐという事なのだろうと思いました。DDRが稼動20周年を迎えたこのタイミングでのこのステージです。DDR決勝大会が終わった後の告知がやけに寂しかったのも、きっとこの伏線だったんですね。それだけKONAMIの決意を感じました。

 ハッキリ言って、ライブは盛り上がりました。すごく疲れましたしすごく満足しました。ですが、同時に何とも言えない気持ちになったんですね。放心状態ってやつです。だって、もしかしたらもうDDRが終わるのかも知れないんですもの。私、DDRを初めてプレイしたのは中学2年の時でした。友達の家で家庭用DDR 2ndをプレイしたのが初めてでした。その後、妹が家庭用のDDR EXTRAを購入してきたんです。そしたら自分の方がハマってしまいました。この時高校一年です。そこからずっと遊んできたんです。途中、日本での開発が3年程止まった時もありました。それでも遊び続けました。その後復活してくれました。そこからは日課でした。数えたら、18年もやってるんですよ。正直ね、終わって欲しくないですよ。寂しすぎます。でもね、DANCERUSHがDDRの遺伝子を引き継いでくれるのなら、それも良いかなと思ったんですよね。BUTTERFLYが流れたのは、それだけ重いって事なんです。意味があるんです。いやぁ、BUTTERFLYが流れたんですよね。もうね、嬉しくて寂しくて、ドロドロですよ。なんで泣いたかも良く分かんなかったです。少なくとも、自分はDDRが大好きだという事がよく分かりました。これからも、時間の許す限り遊んでいこうと思いました。

 そんな感じで最初から最後までずっと興奮しっぱなしのJAEPO2018でした。自分も周りも、誰もが同じ好きなものを共有する空間でした。そして色々と考えさせられました。それでも、どんな形になっても好きなものはずっと好きでいようと思いました。今日JAEPO2018に関わった全ての皆さん、お疲れさまでした。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/10(土) 22:22:01|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<COMITIA123 | ホーム | 100年の価値をデザインする 「本物のクリエイティブ力」をどう磨くか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1766-0824c43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する