徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

虚構の楽園

 今日は夜勤明け。仮眠取って昼前に目が覚めたら、何故かやたらとDDRやりたい欲が湧いてきたので踏んできました。ですけど体調が微妙だった為かスコアは芳しくなかったです。気持ちだけでは結果は出ないんですね。

 今回もM3-2018春で入手したCDを紹介します。現時点で半分くらいPCに取り込んでおります。それら1枚1枚を聞きながらレビュー書いたり日記書いたりしてます。作業用BGMになるものもあればついつい聞き入ってしまうものもあり、個性が見えて楽しいですね。

虚構の楽園 - 葉月ゆら
 葉月ゆら氏は女性ボーカリストです。特徴は、なんといってもダークファンタジーですね。毎回独特のファンタジーな世界を見せてくれます。葉月ゆら氏をダークメルヘンの女王と知らしめている理由、個人的には葉月ゆら氏の甘ったるい声色にあると思っております。美しいとか透き通っているという印象はありませんね。ベタっと塗り手繰ってくるかのように耳に残るそれが、力強いサウンドに決して負けない存在感を示していると思っております。もちろん、ダークファンタジーだけではありません。時にはメルヘンファンタジー・和風ファンタジーなど別の顔も見せてくれます。それでも共通なのは、やはりファンタジーですね。今回紹介している虚構の楽園も唯のダークファンタジーではありません。ジャンルは民族ダークメルヘン、その名の通りダークなのですがどこかノスタルジックを感じるサウンドの曲が多いです。二胡を連想させる音もふんだんに入っており、単純にガツガツぶつけてくるサウンドではありませんでした。収録されているのは5曲のボーカル曲2曲のインスト曲です。個人的には3曲目のマチェちサンドラの奇しき生命というボーカル曲が好きです。トリッキーなリズムとサウンド、その上でコロコロと転がるように歌い上げる葉月ゆら氏の声が好きです。あとは4曲目の風の鱗というインスト曲も好きです。インターバルを挟むような笛の穏やかなサウンドから始まり、最後はピアノの哀愁漂う和音で終わるのが耳に残りました。葉月ゆら氏のファンであれば勿論、そうではない方にも是非葉月ゆら氏を知って頂きたく、皆さんに手に取って頂きたいです。

 最近私が贔屓にしているサークルさんで、色々と毛色を変えるパターンが多い気がします。基本的な軸は変わらないんですけど、着飾っているものが違うと言いますがそんな感じですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/05/25(金) 21:04:20|
  2. 音楽CD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 徒然にゃるままに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1750-8bd058b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する