徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント

 今日は夜勤明け。ちょっと仮眠しようしたらいつの間にかこんな時間になってました。花粉症も酷かったですし、たぶん疲れてたんですね。

 尊敬する職場の元上司の方から頂いた本の紹介5冊目です。これで最後です。1冊目2冊目3冊目4冊目とまとまった本を読んできましたが、5冊目はいわゆる本を紹介するする本ですね。

NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント - 上田惇夫
 2012年にNHK出版で出された本です。100分de名著とは、NHK Eテレが2011年3月30日に放送を開始した教養番組です(公式HPはこちらからどうぞ)。毎回様々な本にスポットを当てており、それをプレゼンターが25分×4回に分けて紹介するというものです。ドラッカーのマネジメントと言えば、「もしドラ」の愛称で話題になった「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で有名になった印象です。マネジメントとは、直訳すれば「管理」「経営」という意味です。それだけ聞いても特に何も思わないと思います。ですが、ドラッカーのマネジメントにはそんな無機質な印象とは違う非常に人間味にあふれた事柄が書いてあるとの事です。100分de名著は全部で4つの回に分けて紹介しておりまして、それぞれでテーマを変えております。第一回では著者であるドラッカーの生い立ち、第二回では企業の在り方、第三回ではマネージャーになる方法、第四回では日本に対する展望という内容でした。ドラッカーは元々経済に秀でた才能を持っておりました。ですが、国の流れやファシズムに流されるなかで、マネジメントは利益の追求ではダメで人の為にあるべきだという事を悟りました。日本の企業でも、殆どが「人を大切にする」とうたっていると思います。ですが、ドラッカー曰くそれを実践している企業は実際は殆ど無いそうです。人を大切にするとは、働きがいのある仕事があり責任感を伴っている事だとのことです。その為に大切な事柄が整理されておりました。そして、マネージャーになる為に必要なのは、その殆どが意思決定の力だと言っておりました。トップの思想さえ理解すれば、後は自分の立場でそれを実行するだけなのです。日本は年功序列・終身雇用という独特の企業体質がありますが、それはそのままで良いとの事です。大切なのは上記の事を忘れないこと、そんな事がわかりやすくまとめられておりました。原文のマネジメントは800ページ以上の大ボリュームだそうですが、是非時間を掛けて読んでみたいと思いました。

 とりあえず、これを読んだ後すぐにマネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則を購入しました。原文は大変難しく時間も掛かるため、まずはお手軽なこちらが良いという元上司の勧めに則りました。今から届くのが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2018/03/03(土) 19:29:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<Black Princess、White Princess | ホーム | うれしい悲鳴をあげてくれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1721-69fa4d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する