FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

専業主婦は2億円損をする

 今日は普通の日勤。ちょっと想定外のトラブルに見舞われてその対応で終わった1日でした。電話して同じ内容をメールして、それでも全く伝わらない時ってたまーにあるんですよね。

 今回はお知り合いの方に紹介された本を紹介します。新刊コーナーでも分かりやすいところに陳列されてましたので読んだ方も多いのではないでしょうか。

専業主婦は2億円損をする - 橘玲
 2017年にマガジンハウスで発売された本です。橘玲氏の本では前に言ってはいけない 残酷すぎる真実の方を読ませて頂きました。世の中でタブーとされている事を統計学・脳科学・心理学という武器を元に鮮やかに書き記した本で、ある意味この本に救われた方もいたと思います。そんな橘玲氏の本ですので甘っちょろい事は書いてないんだろうなという予感はしました。何しろ専業主婦という存在を思いっきり否定しているタイトルですからね。ちなみに専業主婦は2億円損するという意味は、単純に専業主婦がもし生涯仕事をしていれば2億円の収入を得るだろうから2億円損するという事です。つまり、この本では人生においてどのように仕事に向き合うかを通して、幸せというもののあり方を書いているのです。女性が主婦になる時、それは結婚した時です。ですが、本来であれば結婚する事と仕事は無関係であり、結婚後も仕事を続ける続けないは自由に選択できるはずです。それを良しとしないのが日本の現代社会だと氏は言っております。仕事も単一労働からクリエイティブなものまで様々あります。そして、得てして日本では結婚した女性に対しては単一労働にシフトさせる傾向にあるそうです。これは将来子供を産むことを想定して仕事を辞めるかも知れないと忖度する結果だそうです。余計なお世話だと思います。本人の希望を完全無視ですからね。ですが、これが日本の現代社会の現実です。この本では、他にも収入や学歴の違いで結婚する相手が変わる、子供が出来るといきなり世間の目が変わる、など目を逸らしてはいけない現実を描いておりました。そして、その上で幸せになる方法を提示しておりました。何れにしても、専業主婦になるという事は自ら収入を得る方法を放棄しているという事、自分の人生を相手に依存しているという事です。これは、将来仮に愛が無くなった時に悲惨です。自分の為にも仕事は続ける、可能であれば好きな仕事を続ける、それが結果として自由になり幸せになると説いておりました。移りゆく現代において何が正解か分かりません。それでも、お金とキャリアくらいは持っておきましょうという事が伝わったので良しとします。

 今は様々な価値観が簡単に目に入る時代です。この人はこう思っている、あの人はこう思っている。それでも日本社会というものは間違いなく生き続けております。だからこそ、自分はこう思っているというものを大切にしたいですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/02/06(火) 19:43:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<100年の価値をデザインする 「本物のクリエイティブ力」をどう磨くか | ホーム | 妙高スキー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1712-13aedacf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する