徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

The 7th KAC エリア予選

 昨日今日は久しぶりに何もない休みでした。この機会に「Remember11 -the age of infinity-」という大作ビジュアルノベルをプレイしました。攻略も考察も非常に難しいタイトルであり、その分多くのファンの方に支えられていると感じた作品でした。レビューはこちらからどうぞ。

 そして昨日今日ですが、KONAMIが毎年開催しているKONAMI Arcade Championship(以下KAC)公式HPはこちらからどうぞ)のエリア予選大会が開かれました。これはKONAMIで展開しているアーケードゲームのチャンピョンを決めようという企画であり、毎年この為に全世界の猛者が腕を磨き挑戦してきます。KACは毎年2月に行われているJAEPOというイベントで決勝大会が行なわれます。ですが私が好きなDDRについては海外を巻き込んでの大会という事で、前もって日本での代表者を決めるエリア予選というものを開催する運びになりました。昨日は東エリア、今日は西エリアの大会であり、勝ち上がった計3名が決勝大会へと進みます。今回はエリア予選という事で、自分はYouTube Liveでの観戦にしました。会場の熱気を感じるもが醍醐味ですが、入場者数が限られているのとその熱気は決勝大会で感じようと思いました。今回一通り観戦してみて、素直にDDRerの事を考え配慮した構成だなと思いました。大会の進行などがスムーズなのは勿論ですが、解説にKONAMI公式のプロゲーマーであるDOLCE.氏を迎え、とても専門的な解説を聞くことが出来ました。また、エリア予選は1回戦と決勝戦に分かれているのですが、決勝戦で初踏みするプレイヤーに配慮してウォームアップの時間も取ってくれました。結果としてスムーズな進行にも繋がりましたし、見ていてストレスを感じませんでした。そして肝心の内容ですが、拮抗する実力の中で1点をもぎ取る戦いに興奮しました。平気でLv19の曲をバンバン投げてきますし、それをちゃんと踏む様子が見事でした。それでも、今回から決勝戦が単純なスコアではなく順位によるポイント制になりましたので、最後まで逆転のチャンスがあるルールという事で気が抜けなかったのではないかと思います。結果として順位は付き代表者は決まりましたが、全員爽やかな笑顔だったのが印象的でした。DDRはこれが魅力ですよね。みんな仲良しで肩を組み合う。放送中もDDRはスポーツと称されてましたが、まさにアスリート顔負けの運動量です。それを共に戦いあった仲間ですので、仲良くなるのも必然ですね。決勝に進んだ方は是非決勝でも頑張って欲しいです。私も応援に行きます。そして全ての選手の皆さんとKONAMIのスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

 あとやはり印象的だったのは、西エリア大会の代表であり日本のトップを走ってきたBROSONI氏のプロポーズでしたね。まるで海外番組を見ているかのようなサプライズでした。素直におめでたいです。お幸せにと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2018/01/28(日) 20:35:44|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Cyber Meteoroid | ホーム | 日本人のための「集団的自衛権」入門>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1709-54a57d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する