徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

『Hello F.T.W.』の方にゲストとして参加させて頂きました。

 今日は何もない休み。最近、ようやく重い腰を上げてひぐらしのく頃にというサウンドノベルをプレイしております(公式HPはこちらからどうぞ)。社会現象にまで発展した面白さに今更ながら興奮してます。夏コミまで何とか終わらせたいですね。

 Twitterの方で先にお知らせしておりますが、先日F.T.W.というサークルさん(公式HPはこちらからどうぞ)で行っているWebラジオ『Hello F.T.W.』の方にゲストとして参加させて頂きました。F.T.W.さんは千葉ノダヲ氏が代表を務める同人サークルです。主にビジュアルノベルを制作されており、私も全てのタイトルをプレイさせて頂いております。千葉さんとの付き合いもかれこれ3年近くになり、イベントがあれば定期的にお会いする仲になりとても嬉しく思っております。最近はボイスドラマなどマルチジャンルでの活動を行っており、今後どのような媒体で作品が見られるかとても楽しみです。『Hello F.T.W.』に参加させて頂くお話は5月に行われたCOMITIA120の時から伺っておりました。始めは私のようなプレイヤーがゲストで良いのか?とも思いましたが、そんな疑念は直ぐに払拭されどうせゲストとして参加するなら言いたい事くらいは整理しておこうと思いました。6月冒頭にレビューを書く理由というコラムを書いたのですが(コラムはこちらからどうぞ)、これを書く切っ掛けになったのはまさにこの『Hello F.T.W.』でした。自分が何故レビュアーをやっているのか・このHPを運営しているのか、を振り返るとても良い機会となりました。

 当日は始め千葉さんと軽く打ち合わせをして、そこから収録に臨みました。前半は自分の自己紹介で、後半は最近の同人ノベルゲームのトピックという点で談義してきました。自分は普段割と早口で話してしまう癖があって、その分今回のラジオでは出来るだけ意識してゆっくり話そうと思ってました。その為にも、過去に書いたコラムや自分のゲームレビューのページが役に立ちました。前半のパートでは殆どどもることなくスムーズに話せたと思います。特にレビューを書く切っ掛け水夏~suika~西暦2236年春のうららなどの好きなタイトル、そしてノベルゲーム部などの繋がりについては絶対に話そうと思ってましたのでこれが言えて良かったです。後半は千葉さんが予め取り上げたタイトルについて、どうして注目されているかについて割とアドリブを交えて話しました。振り返れば「人気あるタイトルは自分がプレイする必要はないんですよね」とか割と乱暴だったなと反省してます。ですが、同時に「レーベルも真っ白でマジックペンでタイトルだけ書かれたような荒削りなパッケージこそプレイしていきたい」っていう本音も言えましたのであまり後悔はしてないです。ビジュアルノベルは「絵+音楽+文章」が組み合わさった高級な作品です。だからこそどんな作品にも製作者の想いがありテーマがあると思っております。そんな気持ちが少しでも伝わったのであれば、ゲスト参加して本当に良かったと思っております。今回声をかけて頂いた千葉さんは勿論、聞いた感想を送ってくださった皆さん、ツイートをリツイートして頂いたみなさん、本当にありがとうございました。

 今回のWebラジオしかり、ノベルゲーム部しかり、人前に出れるチャンスがあればこれからも是非掴んでいきたいですね。というよりも、自分で人前に出れればそれが一番いい形ですね。何か新しい事をしてみたい、そんな事も思いました。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/09(日) 22:13:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<褒められた事へのお礼が遅い話 | ホーム | 理科系の作文技術>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1691-b1df18a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する