徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

IRREGULAR NATION 3、YABAICORE、HYBRID MONSTER 3、葛西ハーコーズEP2

 今日は何もない休み。今日は一日引きこもって色々物書きしようと思っております。明日はおすすめ同人紹介HPはこちらからどうぞ)のみなみ氏主催の同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016ですので、それに対する布石になります。

 今回もM3-2017春で入手したCDについて書こうと思います。今回紹介するのはHARDCORE TANO*CというサークルのIRREGULAR NATION 3・YABAICORESKETCH UP! Rec.というレーベルのHYBRID MONSTER 3葛西ハーコーズという野球チームの葛西ハーコーズEP2です。全部ハードコアテクノです。

IRREGULAR NATION 3 - HARDCORE TANO*C
YABAICORE - HARDCORE TANO*C
HARDCORE TANO*CはコンポーザであるREDALiCE公式HPはこちらからどうぞ)が代表を勤めるハードコアテクノ製作サークルです。読み方はそのままでハードコアタノシーです。単純にハードコアテクノが好きな人たちが集まって好きなようにハードコアテクノな楽曲を制作しております。M3では毎回新作を発表しており、このサークルを抑えておけばハードコアテクノは十分なのではないかと思う程です。ですが今回の新作2枚はどちらもちょっと毛色が違った内容でした。1枚目のIRREGULAR NATION 3は、何とハードコアテクノではありません。ハウス・ガバ・トランスといったジャンルの楽曲のみです。これは普段ハードコアテクノを得意としているアーティストが敢えて違うジャンルを作ってみたというシリーズ物です。そのコンセプト通り、賑やかで楽しい雰囲気ではなく地下のクラブで流れていそうなシックな雰囲気のアルバムでした。2枚目のYABAICOREは、逆にハードコアテクノ全開です。ですが強いて言えばUKハードコアの印象が強く、言ってしまえばやかましいのです。声ネタあり・効果音ありで楽しければそれで良いという潔さを感じます。まあアルバムのタイトルがヤバいコアですからね。こういうノリを全力で楽しめるのがHARDCORE TANO*Cだと思っております。

HYBRID MONSTER 3 - SKETCH UP! Rec.
SKETCH UP! Rec.はコンポーザであるDJ Noriken公式HPはこちらからどうぞ)が代表を勤めるレーべルです。上記のHARDCORE TANO*Cのメンバーでもあり、主にUKハードコアを主軸としております。最近はBEMANIシリーズのSOUND VOLTEXbeatmania IIDXにも楽曲提供しており、私は同作品はプレイしていませんが名前は伺っておりました。SKETCH UP! Rec.のアルバムを購入したのは今作が初めてでした。ハードコアテクノの中で有名なアーティストが多く参加しており、全体としてアップテンポな部分が共通点ですが、各アーティストらしいテンションの差を感じる聴き応えのあるアルバムとなっております。メロディックな曲もあり、ノイズ中心の曲もあり、声ネタを永遠と繰り返すものもあり、古今東西お祭りハードコアサウンドコンピレーションというキャッチフレーズそのままでした。一番好きな曲は代表であるDJ NorikenのTime To Playという曲ですね。冒頭からキラキラしたメロディが流れ、追従するかのように声ネタやパーカッションの厚みが増してきます。そして途中のトランスを経て一番の盛り上がりにたどり着く構成がお気に入りです。

葛西ハーコーズEP2 - 葛西ハーコーズ
葛西ハーコーズDJ Genki・かめりあ・C-Chowを中心とした野球チームです。狙ったかのようなジャケットと直球なネタ要素が潔いですね。このジャケットでどんなハードコアテクノを聞かせてくれるんだろう、ある意味一番楽しみなアルバムでした。聞いてみたらとてもビックリ、野球でお馴染みのサウンドをリスペクトしながらその中身は正当なハッピーハードコアやスピードコアでした。定番の声ネタやメロディックなサウンドは彼らのお得意分野であり、それでもベースには野球が息づいているのです。かと思えば、野球とは関係ないアニメのパロネタなどもありました。作曲者は葛西ハーコーズだけではなく多くのアーティストが関わっているみたいです。基本的にどの曲も楽しいのですけど、やはり葛西ハーコーズが作った楽曲がノリに乗ってて好きです。ネタ満載でありながらハッピーハードコアやスピードコアの楽しさが損なわれていない、そのバランスが素晴らしいと思いました。

 ハードコアテクノのCDは定期的に購入しておりますけど、もう何がハッピーハードコアで何がUKハードコアで何がスピードコアなのか分からなくなってきますね。実際のところ明確なジャンル分けはないのかも知れません。と言うよりも、ジャンル分けする意味もないのかも知れませんね。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/03(土) 10:36:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2016 | ホーム | ベリーメリーデイズ、はいぱぁ電波これくしょん!ファンタスティック★大和編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1679-f86b3640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する