徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え

 今日は普通の日勤。最近は楽団の練習とアンサンブルのイベントが複数重なり合い、加えて仕事の方も忙しさが加速してきましたのでいい具合に火が付いてる気がします。逆にこういう時こそ時間の大切さを感じますので、1分1秒を無駄にしたくないって思いますね。

 久しぶりに心に残る本を読みました。内容もそうですが、語り掛けてくるテキストがより頭の中に染み渡らせる一冊です。

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え - 喜多川 泰
 2009年にディスカヴァーで出された一冊です。タイトルだけ読むと何か長編の小説のように思えてしまいます。ですが、ここに書かれている事はむしろ小説よりももっとリアルな内容です。言ってしまえば、とある男が自分の人生を掛けて学んだ事を息子に伝える為の執念の一冊です。多くの人が何かしらの目的を持って上京すると思います。都会で一躍有名になりたい、人生の成功者になりたい、お金持ちになりたい、その想いは様々でしょうが、どれもこれも夢に溢れたものであると思います。この本の主人公である男もまた同様に夢を持ち、大学時代から上京し始めました。必死に勉強し、がむしゃらに仕事をし、家族と車とマンションを手に入れました。ですが、その男の心は満たされませんでした。満たされるどころか逆に不安が募ってしまいました。自分は人生の成功者になれなかった、そんな嘆きが伝わってきました。これが前半です。そして後半、その男が人生を掛けて学んだ幸せになる為の方法が息子に語られます。ここからが本編です。そこに書かれている事は、1人で悩んでいては決して導き出せない事。言ってしまえば、一人ひとりの人生観を変えてしまうものばかりでした。例えば「幸せになるという事はお金持ちになるという事ではない」「自分が本当にやりたい事は今すぐにでも行動に移せる事である」など、全部で5つの常識の殻を破る言葉と3つの意識を変えるべき教訓が掛かれておりました。そしてそれらの言葉を通して、生きるという事、未来へ向かうという事が掛かれておりました。率直に言って勇気を貰いました。自分がやりたいと思う事であれば他人に批判されても構わない、誰かに評価されなくても問題ない、きっと誰もが言われた言葉ばかりだと思います。大切なのは、自分に素直に正直になる事、もっともっと自分を大切にする事、そして自分が好きな物にはとことん喰らい付いていくという事、そんな事を感じました。SNSなどが発達し人の行動や発言がもろに見えてしまう現代だからこそ、こういった本が支えになるのかなと思っております。おススメです。

 紙媒体の本も、小説・新書・エッセイ・理工書など出来るだけ満遍なく読んでみたいと思いますね。どんな本にも著者の想いがあり伝えたい事がある、それを感じていきたいと思っております。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/04(月) 22:01:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<刀心幻戯 | ホーム | BeatStreamサービス終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1659-e0c81254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する