徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO ハイレゾサウンドドラックDVD

 今日は楽団の練習日。前回の練習から2週間経ってますけどあっという間という印象です。先週は4日連続飲み、先々週は2連続夜勤が2回でしたからね。もう3月も後半に入ります。

 先日3/16にようやくこの世の果てで恋を唄う少女YU-NO(以下YU-NO)のPS4版及びPSVita版が発売されました(公式HPはこちらからどうぞ)。1996年に老舗のブランドであるelfから発売されたSFアドベンチャーであり、発売後長きに渡って多くの方に愛されている作品です。私自身初めてプレイしたのは2016年の1月でして、たまたま秋葉原でWindows版(elf大人の缶詰)を手に入れることが出来たのでプレイが叶いました。アドベンチャーの楽しさが詰まった大作であり、20年の年月を感じさせない面白さに溢れておりました(レビューはこちらからどうぞ)。そんなYU-NOはBGMも大ボリュームであり、感覚的に70曲以上収録されていた印象でした。勿論サウンドトラックなどありませんので時々ゲームを起動して音楽を聴いてたりしてましたね。今回PS4版及びPSVita版が発売されました、私の中での目当ては同梱されているハイレゾサウンドドラックDVDです。これは原作の音源PS4版及びPSVita版の音源が全て揃っており、更にハイレゾ音源で収録されたものです。非常に豪華であり、何よりも自分が触れた全ての作品についてサウンドトラックが欲しいと思っている私にとって入手しない事は考えられませんでした。蓋を開けてみたら何とDVDで5枚組、データ量としましては20GB以上にも及びました。凄まじいボリュームですね。サウンドトラックが入っていない通常版の価格が7,800円、限定版の価格が11,000円を考えると大変お得だと言わざるを得ません。今もサントラを聞きながら書いているのですが、本当プレイした時の思い出が蘇りますね。FM音源だからこそ際立つメロディライン。焦燥感を際立たせる旋律。特に私にとっては異世界2という曲が大のお気に入りで、このために限定版を買ってもいいとすら思ってました。シナリオの壮大さとゲームの面白さ、そしてBGMの引き立て感の全てが組み合わさっているのがYU-NOという作品です。限定版を入手できた人は是非あの時の思い出を懐かしんで下さい。

 最近のビジュアルノベルは中々サウンドトラックを別売りしてくれないんですよね。大概初回限定盤と同梱、もしくはイベント限定販売ですからね。まだまだサウンドトラックの需要は多いと思いますので、昔のように積極的に売り出して欲しいです。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/18(土) 10:32:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第20回饗宴 | ホーム | 同期飲み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1654-fcade0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する