徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

キャッシュフローゲーム

 今日は楽団の練習日。前回は夜勤が連続した関係で参加できなかったので一ヶ月ぶりです。一ヶ月間が空いたという事で今日は早めに練習室に来て、1時間じっくりロングトーンしてました。おかげでいつも通り楽器が鳴ってくれた気がします。

 昨日は何もない休みだったのですが、知り合いの誘いでとあるボードゲームの会に参加してきました。それはキャッシュフローゲームと呼ばれるゲームでして、マイクロマガジン社で発売しているお金について楽しく学べる教育ボードゲームです(詳しくはこちらからどうぞ)。2016年に読んだ本の中で印象的だったもの金持ち父さん貧乏父さん(著:ロバート・キヨサキ)という本がありまして、著者の実体験に基づくお金に関する哲学について書かれておりました。今までお金に対する勉強をしてこなかった私にとっては目からウロコの内容であり、金持ちになれなくてもお金に対する接し方を改める切っ掛けになる内容でした。キャッシュフローゲームはこの金持ち父さん貧乏父さんで書かれている事をゲームで体感できるものでして、監修は勿論著者であるロバート・キヨサキ氏です。

 当日は全部で40人という非常に多くの人が集まり、10人ずつ4つの卓に分かれて始めました。私は初めての参加でしたが、常連の方は結構沢山いらっしゃる様で顔なじみの人が大勢という印象でしたね。それでも声をかけてくれた知り合いを始め皆さんに親切にして頂いて終始楽しく遊ぶ事が出来ました。ゲームの内容としましては、現実のお金のやり取りをシミュレーションするものでした。それぞれに職業が割り当てられており、収入と支出が決められそこから自分の資産を増やすのです。プレイヤーにはしっかりと損益計算書貸借対照表が配られ、自分でお金を管理しなければいけません。その上で不動産や株式に投資したり、ビジネスのオーナーになったりと選択していきます。目標は不労所得の金額が総支出を超えている事、つまり働かなくても生きていける状態になる事です。これこそが金持ち父さん貧乏父さんで目標にしている事であり、労働から解放される事を意味しております。

 実際にゲームをしてみて、とにかくお金の流れ投資の決断をスムーズに行う事が必要だと思いました。投資を行わず毎月の給料を貰っているだけでは手元にお金は残りません。投資の内容を見極めて買うか買わないかを決断しないといけないのです。結果としてそれが損に回る事もあります。ですがそれもまた経験であり、自分自身の知識と数字を見る力の不足の結果なのかなと思いました。後半になればなる程取引の額は増えていき、何度も何度も損益計算書と貸借対照表を書き換えながら進んで行きました。今回は残念ながら不労所得の金額が総支出を超える事は出来ませんでしたが、周りの人の考えを見たり人に聴いたりしながら醍醐味を学ぶ事が出来ました。何よりも自分の知識力と決断力を見る事が出来ましたね。時には損するリスクを分かっていても取引をした方が得する事もある。そしてそれもまた経験となる事が分かりました。このゲームの内容をそっくりそのまま現実に活かす事は出来ませんが、お金の流れについては体感出来ましたので是非また参加したいと思いました。

 今回のボードゲーム会は月一を基本に行われているみたいで、毎回20~40人規模で集まるみたいです。こういった場が定期的に開かれている事もまた素晴らしい事ですね。自分の知らない世界をまた知る事が出来ました。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/05(日) 20:53:31|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Feedback 7th、岩垂劇場 | ホーム | I WANT.、scenery in one's mind's eye>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1650-3411dc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する