徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

-EMPTY-、Halloween Magic IV、ロザリーと緋色の魔女

 今週は日曜日からほとんどの時間を仕事に費やしてました。日曜日の朝に出社して火曜日の夜中にちょっと帰ってきて水曜朝に出社して木曜夜に帰宅ですからね。それでも今日は普通の日勤でその後は会社の忘年会ですので楽しんできます。

 今日もM3-2016秋で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはerum.というサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の新作である-EMPTY-Kiraly Ayakawaというサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の新作であるHalloween Magic IVtwinkle colorというサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の新作であるロザリーと緋色の魔女です。この3サークルさんを一度に取り上げたのは、全てインストゥルメンタルであるという事と楽器の魅力に溢れたサウンドが作業用BGMに相応しいという事が理由です。初めに-EMPTY-です。erum.さんの作品を手にとったのは今回が初めてでした。ノスタルジックを売りにしたインズトCDという事で琴線に触れましたので聞いてみましたが、弦楽器やハーモニカなどの柔らかい楽器で奏でられるメロディに遊び心溢れる打楽器の組み合わせが印象的でした。ずっと聞いていても飽きる事がなく、それでいて控えめですので心に染みわたるようです。全10曲と曲数も多く、聴き応えもあります。続いてHalloween Magic IVです。Kiraly Ayakawaさんの作品は過去にHalloween Magic IIIを買わせていただき、同シリーズの最新作です。ハロウィンという事でどこか戯けたようなサウンドばかりで、単純に楽しくなれます。それでいて弦楽器やフルートを中心とした管弦楽曲ばかりで、実際にホールでの生演奏を聴きたくなります。荘厳で豪華、でも戯けたサウンドの調和が好きです。次にロザリーと緋色の魔女です。twinkle colorさんはオルゴールを用いたアルバムを多く制作されており、作品も過去に手に取ったRest pointもまた寄り添うような優しい音色の作品でした。今回の新作もまたオルゴール楽曲なのですが、ロザリーと緋色の魔女というタイトルの通りゴシックでファンタジーなメロディとなっております。オルゴールでゴシックの組み合わせでどんなサウンドになるのかと思ってましたが、見事に高貴な雰囲気を作っており引き込まれる魅力に溢れてました。オルゴールにはこんな使い方もあるという事を学ばさせて頂きました。

 インストゥルメンタル系のサークルって正直即売会会場を回っていても中々目に留まり難いです。文字だけですとどこも同じ様な主張になりがちですので、試聴しないと個性が分かりませんからね。だからこそ気に入ったCDが見つかったら出来るだけ忘れないようにして、必ずサークルさんに足を向けようと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/16(金) 06:46:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Star's Voice、BLACK × WHITE | ホーム | 新しいマウスピース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1622-ec5a0989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する