徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

翼の降る王国

 今日も夜勤明け。最近ちょっと夜勤明けのリカバリーが遅くなっている気がします。それなりの時間仮眠を取ってるんですけど、どうしてもその日一日はボーッとしてしまいますね。今日は夜勤明けに加え楽団のアンサンブル練習もありましたので、日記書いたら寝てしまおうと思います。

 今回もC90で入手した同人音楽の紹介です。今回紹介するのはtieLeaf(公式HPはこちらからどうぞ)の新作である翼の降る王国です。tieLeafはボーカリストの霜月はるか・絵師の空乃蒼・作詞家の日山尚の3人によるサークルです。今回tieLeafの作品を買うのは実は初めてなのですが、元々霜月はるかの歌声が好きという事もあり手に取ってみました。今回の新作である翼の降る王国ですが、ラグクーアシリーズと呼んでいるシリーズものの第一弾タイトルのようです。ここではないどこかのファンタジーの世界をイメージしたコンセプトアルバムであり、全5曲からなるセットリストで独特の世界観を作り上げております。一番の特徴は歌詞カードがブックレットになっている点ですね。オリジナルシナリオと設定がラグクーアシリーズを盛り立ててくれます。楽曲は霜月はるかの透き通りながらもハッキリと耳に残るボイス民族楽器を多数使用した異国情緒溢れるサウンドで、まさにファンタジーです。多くの楽曲を霜月はるか本人が作曲しており、さらに多くのビジュアルノベル楽曲を作曲しているMANYO氏が編曲者として加わっております。同人作品でありながら非常に豪華なメンバーであり、聴けば聴くほど味わい深い楽曲ばかりです。全体的に哀愁漂う雰囲気なのは、これがまだラグクーアシリーズの第一弾だからですね。長い旅を始めたばかりの不安な気持が伝わってくるようです。是非全てのシリーズを揃えてみたいと思いました。霜月はるかが好きな方は勿論、そこまでではない方にもオススメの1枚です。

 私が霜月はるかを好きになった切っ掛けは今となっては定かではありませんが、2008年に発売されたカザハネというシングルが非常にお気に入りだった事は強く覚えております。この時からこの透き通った声は追いかけていきたいと思ったんですねきっと。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 23:50:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉛筆の持ち方 | ホーム | The 4th EP2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1594-8a5aefce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する