徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

Rosalia

 今日は普通の休み。2月は実は金曜日曜が必ず夜勤となっておりまして、その分休日が平日にずれ込んでおります。もうカレンダー通りの生活なんて久しくしてませんね。たまにマジで曜日感覚を失ってしまいます。

 再びC89で入手したCDの紹介です。今回紹介するのはOriverMusicというサークル(公式HPはこちらからどうぞ)の新作であるRosaliaです。OriverMusicさんのCDも即売会の度に購入しているサークルさんですね。その特徴はなんと言ってもアイリッシュホイッスルケルトの笛を中心とした生音の演奏です。民族的と言いますかノスタルジィ溢れるサウンドは異国の世界に迷い込んだかのよう。初めてCDを購入した時から惚れ込んでしまい作業用BGMとして欠く事が出来ない存在になっております。今回の新作であるRosaliaも同様の楽器を使用したサウンドですが、コンセプトアルバムとなっておりましてエルフの王女と妖魔の皇子による千年にわたり紡がれる呪いの物語を表現しております。呪いという言葉からダークな印象を受けますが、実際聞いてみてその様な印象はなく荘厳なオーケストラで愛を表現しケルトの笛で登場人物の性格を表現しております。場面場面でコロコロと描写が変わり、シンフォニーを聞いているかのようです。優しいサウンドは本当に作業用BGMに最適で、加えて曲数も11曲と大変多く非常に聴き応えがあります。最後には有名なイングランド民謡であるグリーングリーンも収録されており、アルバム全体を総括しているようです。民族音楽が好きな方、またはどこか遠い地へ旅立ってみたいと思っているような方であれば必ず気に入ると思いますので、是非手に取ってみてください。

 インスト系のサウンドも根強い人気を保ってますね。それでもこうした生音を収録している作品はそう多くはなく、如何にサークルさんの中で苦労されているかが想像できます。CDは最大80分ですが、その10倍100倍もの時間をかけて作られた作品があなたの手にあるのです。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/04(木) 22:58:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<World Fragments、Last Dance | ホーム | COMITIA115>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1518-ac3160c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する