徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

prhyzmica

 今日は何もない休み。昨日まで2泊3日の研修があって宇都宮を離れてました。研修って普段と違う生活環境になりますしメンバーも普段全然会わない人と一緒になりますのでちょっとした非日常的空間ですよね。3日間でしたが気持ち的には一週間位離れていた印象でした。

 C88で入手したビジュアルノベルをプレイしながら合わせて音楽CDの方も紹介していきます。今回紹介するのはprhyzmicaというサークルです(公式HPはこちらからどうぞ)。prhyzmicaさんのCDを購入したのは実は今回が初めてなのですが、切っ掛けは同人ゲームサークルであるChloroさん(公式HPはこちらからどうぞ)の西暦2236年をプレイした事でした。西暦2236年はC87で発表されたビジュアルノベルで、音声ではなくテレパシーでやり取りをするのが一般的になった西暦2236年という時代の物語です。あらすじ紹介はこちらを見て頂くとしてここでは割愛しますが、特徴として多種多様なBGMと多くのボーカル曲が挙げられます。クラシックからジャズ、民族音楽から現代音楽まで様々であり、そんな西暦2236年のサウンドトラックであるAirは何とCD4枚組の大ボリュームとなっております。そしてそれだけ多種多様なBGMという事で多くの方が制作に関わっております。その中の一つが今回紹介しているprhyzmicaであり、透明感のあるBGMやボーカル曲を多く制作されておりました。C88では「blue」「stream - EP」という2枚のCDを買わせて頂きました。blueはもう殆ど西暦2236年のサウンドでした。同名の楽曲である「blue」は西暦2236年でも好きな曲の1つであり、作品を彩るボーカル曲「みずのなかで」「夏と透過光」も収録されておりました。西暦2236年以外にも3曲収録されており、同様に透明感のあるボーカルはprhyzmicaらしさなのかなと思いました。もう一枚のstream - EPは完全に民族音楽という雰囲気でした。数々の打楽器と普段西洋楽器で聞かないような管弦楽のサウンドが響き渡り、それが同じようなパターンのリズムで繰り返してました。まさにBGM、まさに作業用音楽飽きるとかのめり込むとかそういう感想ではありませんね。西暦2236年中にも同様のサウンドがありましたし、これもまたprhyzmicaらしさだと思いました。という訳でprhyzmicaさんのCDでした。非常に琴線に触れるサウンドでしたので、また新作が出れば是非入手しようと思いました。オススメです。

 その後prhyzmicaについて調べましたが何とM3-2015春にも出ておりました。何で気付かなかったんですかね?M3も毎回行く即売会ですのでこの時に出会えたら本当に嬉しいです。コミケはガヤガヤし過ぎておりますので、それ以外の即売会で感想を伝えられる機会があるのならそれが一番良いですよね。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 09:18:53|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<COMITIA113 | ホーム | forget me not>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1464-020a2ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する