徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

モラル

 今日は夜勤明け。ここ最近はBEMANI SUMMER DIARY 2015に煽られてKONAMIに課金している生活を送っております。Twitterでもいつも以上にBEMANI機種のプレイ画像を投稿しております。このイベントのポイントは早い段階でプレイする事です。溜め込むと解禁に時間がかかってしまうのでタイミングがあるうちにプレイしておく事が大事ですね。

 先週ガチ勢とエンジョイ勢について記事を書きましたが、その中で両者の確執を解決する為には自分が寛容になれる範囲の人としか付き合わない事自分と実力や考え方が違う人と楽しもうとする気概を持つ事と書きました。ですがこれって、言う程簡単な事ではありませんね。と言いますのも、私が所属している楽団でもちょっとしたイザコザがあって、これを解決するには自分も相手も無傷ではいられない結末が待っているなと痛感しているところです。先週の記事ではDDRの視点で書きましたが、楽団とでは明確に違う事があります。それはDDRは究極的には個人で収束するのですが、楽団は組織としてまとまって全員で音を合わせなければいけないという事です。その為ある程度楽団のメンバーの中で意思統一してある事が大切であり、その為に活動方針や規約といったものを設けております。ですが、それも形の上ではありますが一番大切なのはやはりモラルです。結局のところルールを完全に守ることが出来ないのが人間ですので、その為にモラルを暗に意識しているのだと思います。空気読めってやつですね。そしてそのモラルを作っているのは一人一人の寛容さと気使いです。誰もが自分の意にそぐわない事に対して目を瞑って振舞っているのです。そうやって際どいバランスで組織は成り立っているのだとつくづく感じております。ですが今回のイザコザはそんな寛容さや気使いではどうにもならないものでした。何故なら楽団に対する意識が全く逆を向いているのですから。楽団の活動には必ず出席するべきだという意見と出来る範囲で出席すればいいという意見、かなり究極的な確執だと思います。実際のところこれもモラルなんだと思いますけどね。出来る限り出席すればいいと言っている人も出席しなくてもいいなんて思ってはいないのです。必ず出席するべきだという人もそれが分かっているから、面と向かってぶつからないのです。ぶつかっても後に残るのは傷跡だけですからね。きっとお互いが持っているモラルを信じているんでしょうね。ですがモラルだけではちょっと厳しくなっている雰囲気です。ゴムが伸びきって切れるのも時間の問題です。上でも書きましたが、やはり自分も傷を負う覚悟を決めてぶつかる必要があるのかも知れません。怪我するのは嫌ですけどね。でもそれでないと解決しないのなら仕方がないですね。正しさなんてありません。なるようにしかならないと思います。

 ガチ勢とエンジョイ勢ってちょっとトレンドな印象で親しみやすい感じの言葉ですけど、実際とんでもないですね。相当根が深いです。何しろ一人一人の行動理念そのものなのですから。日本人が変に我慢強いのって、良く言えばモラルが高いからであり悪く言えば自分を押し殺しているからですよね。だからこそ拗れたら治すのが大変なんですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 21:11:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<作品のテーマを掴む | ホーム | Spiral Dimension>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1456-9a065d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する