徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ガチ勢とエンジョイ勢について

 今日は台風11号の影響で関東の至るところでかなりの大雨だったみたいです。宇都宮も例外ではなく、止んだかと思ったらゲリラ豪雨のように突然降り出し仕事中の私の財布は芯まで濡れてしまいました。止んだと思って油断したあの時の自分をブン殴りたいですね。

 たまに私がDDRのスコアを垂れ流しするのは、KONAMIが運営しているeAMUSEMENTアプリによるものです。前の記事でも書きましたが、これはKONAMIで製作しているアーケードゲームについてスコアを投稿したり呟いたりと皆でシェアしようというアプリです。TwitterやFacebookに類似した機能もあり、日々流れてくる呟きを見るのが密かな楽しみとなっております。ですが最近のつぶやきの中にガチ勢とエンジョイ勢の話がありました。結構盛り上がっていたみたいで、やはりゲームをしている人であれば一度は遭遇する話題だと思います。今回は私が思うガチ勢とエンジョイ勢の住み分け方について書いてみようと思います。

 一般的にガチ勢は趣味についてストイックに取り組み研究を重ね強くなろうとする人達で、エンジョイ勢は最低限のルールだけを理解して強くなるのではなく人と楽しもうとする人達をさします。これはゲームに限らずスポーツなどありとあらゆる趣味に関係しますね。これだけみると両者の間には絶対的な差があり、どんなに話し合いをしても絶対に分かち合うことはありませんね。まあ自分が明確にガチ勢なのかエンジョイ勢なのか分ける必要性もそもそも無いのですが、これだけ両者の立ち位置が違っているのであればいつまでも争うこともなく住み分けはスムーズに行きそうです。でもそうはならないのはやはり何かしら別の理由があるのではと思いました。

 ちょっと私の話を。私は趣味でDDRをプレイしているのですが、プレイスタイルはガチ勢のそれだと思います。1人でゲーセンに行き、始めは低難易度で体を温め、それから中難易度で足腰をほぐし、後半は未プレイの曲を埋めたり自分のスコアで低いものを上げたりします。プレイ前の1時間前キッカリに必ず食事をとり、服もXEBIOで買ったランニング用ウェアを来ます。普通唯のゲームにここまで用意してプレイはしないと思います。それでもこれだけ準備するのは、やはり楽しむよりもスコアを上げたいという気持ちが強いからなのだと思います。

 ですが、私のスコアが全国的にどうかと言われれば決して高くはなく実に平凡です。世の中にはエンジョイ勢なのに私よりスコアが高い人がゴマンといます。彼らは人と触れ合うことを第一にしながら、しっかりと実力もあるのです。勿論その逆もあります。自分で作った攻略ノート片手にプレイするガチ勢でありながら、私よりもスコアや精度の低い人も沢山います。何が言いたいのかといいますと、ガチ勢とエンジョイ勢というのはあくまで自分の意識や関わり方の問題であって、実力云々は関係ないということです。

 ですが、仮にガチ勢のみが集まっても実際問題全員意気投合できるかと言えばそうはなりません。何故なら実力が違うからです。ガチ勢だからこそ実力が近い者同士切磋琢磨して競い合います。ですが実力が違えばそれが出来ません。ではどうなるのか。実力のない人が実力のある人を師としてあおぐか、エンジョイ勢に成り下がるか、お互い関わらないかだと思います。エンジョイ勢なら少し違うかも知れませんね。下手でも上手くても楽しめればいいのですから、ノリで盛り上がりそうです。それでも実力が違えば出来る事が違いますので楽しみ方の幅は変わってきます。これも前の記事で書きましたが、DDRであれば2人で台の上を行き来する「ゆにぞう」と呼ばれるプレイはかなりの実力が必要です。ですがエンジョイ勢であっても実力がなければ「ゆにぞう」が出来ないのです。

 結局のところ、ガチ勢とエンジョイ勢の確執の裏には実力というステータスが必ず存在するという事です。ガチ勢を批判しているエンジョイ勢の中には、元はガチ勢だったけど実力が上がらないから悔しくて僻んでいる人も少しは居るんじゃないですか?ガチ勢とエンジョイ勢の住み分けはそう単純では無いんだと思います。仕事ではなく自分が好きでやっている趣味の世界だからこそ、尚の事自分の実力やコンプレックスが如実に表に出るからこれだけ揉めるんだと思います。

 ならどうすれば棲み分けられるのでしょうか?やっぱり自分が寛容になれる範囲の人としか付き合わないことだと思います。DDRの場合ですと、実力も近くて同じ考え方であれば問題ないですが実力が近くてガチ勢とエンジョイ勢の違いがあれば、ガチ勢の人は表向き一緒にプレイして楽しみその裏で相手の技術を盗めばいいのです。エンジョイ勢はそのまま楽しみゆにぞうなどに誘ってみれば良いんだと思います。同じガチ勢で実力に差があれば、上でも書きましたが上手い人を師匠として自分のレベルアップに努めればいいのです。そうやって、自分と実力や考え方が違う人と楽しもうとする気概を持つこと、それがガチ勢とエンジョイ勢の問題を解く鍵だと思いますね

 後はガチ勢でもエンジョイ勢の思想を批判せず、逆にエンジョイ勢もガチ勢の思想を批判しない事ですね。趣味の楽しみ方は人それぞれであり絶対なんてありませんので、むやみに相手を批判しない事ですね。これはガチ勢とエンジョイ勢だけの話ではありません。世の中を生きていく上での基本です。批判する暇があるなら自分の思想を突き詰めたほうがよっぽど生産的です。そうやっていれば、自然と気の合う仲間と出会う事が出来ると思います。そもそも自分をガチ勢かエンジョイ勢かをクッキリと差別化出来る人がまず少ないと思います。だから尚の事寛容になるんですね。自分は自分で相手は相手、それでも気の合いそうな人とは絡んでみようかなぁ。そんな気持ちの方が息が長く趣味を楽しめると思います。

 今回はDDRを中心に書きましたが、同人ビジュアルノベルでも吹奏楽でも同じですね。大体揉めるのはこのガチ勢とエンジョイ勢のぶつかり合い実力の上手い下手のぶつかり合いですね。本当に勿体無いと思います。せっかくの趣味なのですから、あんまり相手のことばかり気にしなくても良いと思います。是非皆さんそれぞれで自分らしい趣味の楽しみ方を見つけて欲しいですね。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/16(木) 20:54:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<luminous garden | ホーム | Charlotte>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1450-8b9d03b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する