徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014

 つい先ほど宇都宮に帰ってきました。昨日はタイトルにあります通り同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー2014(以下どげざ2014)というイベントが行われました。同人ビジュアルノベルを嗜んでいる方にとっては一度は聞いた事があるイベントだと思いますし、私にとってはもう毎年の楽しみとなっているイベントでもあります。今回はどげざ2014に参加しての感想、そして自分のレビュアーとして思ったことについて書こうと思います。

 どげざ2014とは、おすすめ同人紹介(公式HPはこちらからどうぞ)というサイトを運営しているみなみ氏が企画しているイベントです。みなみ氏が2014年度の間にプレイした同人ノベルゲームの中から幾つかの部門に分けて作品を発表し表彰するというものでして、アカデミー賞の同人ビジュアルノベル版といったところですね。私が初めて参加したのは一昨年のどげざ2012の時でして、この時はまだみなみ氏との面識はなくまた同時に殆ど会話もした事がありませんでしたので本当に外野からの参加という感じでした。その後COMITIA108ノベルゲーム部の打ち上げに参加させて頂いた縁などもあり、昨年のどげざ2013にも参加させて頂きました。この時はどげざ2012とは違い多くの方とお話させて頂き、同人ビジュアルノベルを知る以上に得るものがあった一日でした。この時から私にとってどげざは同人ビジュアルノベルを代表するイベントとなっており、時間の許す限り必ず参加しようと決めてました。そして昨日、待ちに待ったどげざ2014の日和となりました。

 今年のどげざは13:00からノミネート作品の紹介という事でしたが、会場設営及びリハーサルは9:00から行うとの事でした。勿論私は9:00に会場入りし、設営の手伝いを行いました。上でも触れましたが、もはや私にとってどげざは作品を知る場というよりも人と話をする場になっております。そういう意味で、少しでも会場に長い時間滞在したほうが多くの人と話ができる!という単純な発想で9:00から会場入りしました。実際同人ゲームを見せ合う会のメンバーを始め7-FIELD(公式HPはこちらからどうぞ)のtetsuwo氏Chloro(公式HPはこちらからどうぞ)のもきね氏もおられ、設営しながら雑談しながらと楽しい時間を過ごせました。途中物品が足りなくなったのですが、それをきっかけに見せ合う会のメンバーと秋葉原を散策する事も出来ました。これは私にとって有意義でしたね。何しろ普段私以上にビジュアルノベルをプレイしている人が普段どんなウィンドウショッピングをしているのかに少し触れる事が出来たのですから。という訳でまだどげざが始まる前から既にボルテージはマックスでした。

 そして13:00になりどげざがはじまりました。その頃には20人以上のサークルさんやその他のプレイヤーの方も会場入りしておりました。その中には見せ合う会のメンバーも全員集合し、今年のノベルゲーム部で顔を合わせた方々もおり久しぶりの再会を喜びました。作品紹介は13:00から15:00までの2時間であっという間に過ぎ、15:00からの受賞タイトル発表と表彰式も滞りなく進み16:00過ぎに全てのプログラムが終わりました。非常に綿密に準備を重ね不測の事態を予測しながら企画したみなみ氏のスケジュール感は流石でした。経験に裏打ちされているものもあるのでしょうけど、それ以上に回を重ねるたびに何かしら改良しようという精神が今回のどげざの成功に繋がったのかなと思っております。ちなみに今年の作品賞は7-FIELDさんの露草ユーフォリアでした。私もプレイしましたが、確かに納得のシナリオ構成でしたね。私的に作品賞としたSEAWESTさん(公式HPはこちらからどうぞ)の春のうららは残念ながら受賞とはなりませんでしたが、その分会場にいらした方々に宣伝出来たので良かったです。

 そして今回のどげざはGirl's Media Community(公式HPはこちらからどうぞ)という女性向けのオリジナルメディア系オンリーイベントとのコラボレーションも行われました。そういう縁もあり18:00からはアフターパーティと称して合同の打ち上げが開催されました。参加者50人に対してどげざ側からの参加者は約15人、人数的には少数派でしたがそんな温度差なんて存在しないザックバランな打ち上げでした。私も普段話さないような身の上話ですとかレビューサイトを立ち上げた切っ掛けですとか製作者と消費者の距離感ですとか、本当ベラベラと喋っていた気がします。もう本当、テンションがあがってしまって子供のように楽しんでいた気がします。今思えば若干恥ずかしいですが、あのアフターパーティで話したことが自分の本音であり曝け出したかったことなんだろうなと思っております。それでも多くの人と意見交換する中で改めて自分のレビュアーとしての立場や考え方を見直す切っ掛けになり、また同時に今のスタンスでレビューを続けていく事への自信にも繋がりました。本当、アフターパーティまで参加して良かったと心から思っております。

 そしてアフターパーティが終わってからはどげざのメンバー12人二次会へと行きました。二次会といっても飲み直すとかではなく、ただ単純に座って話せる空間が欲しかった感じでした。それでもまあ私は日本酒を煽ってましたけどね。二次会では、もうこれは本当に申し訳ないと思っているのですがSEAWESTの缶三郎氏つん氏春のうららの話ばっかりしてました。もう本当のあの作品は心に響いて、間違いなく私の中で一生もののタイトルになると思っております。それに対する感想や考察などを話していたのですが、これって実は先月のノベルゲーム部の打ち上げでも話しているんですよね。何回同じ話をするんだよって感じです。好き過ぎてもうストーカーみたいになっているんじゃないかと思いますよね。でもSEAWESTのお二方は辛抱強く付き合ってくれて、それだけで本当に感謝の極みでした。是非いつか、春のうららの舞台を回りたいと思っております。時期は秋以降なのでしょうけど、場所はそこまで遠くはないので後は時間をつくるだけですね。いつかその日が来るのを楽しみにしております。

 そして二次会が終わったのは23:30、実はこの段階で終電が無くなっていて帰る方法を失ってました。これはまたどこかのネカフェかな~って思ったのですけど、何と鴨mile(公式HPはこちらからどうぞ)の将生氏「ご自宅に泊まっていきませんか?」と提案してくれました。もうこれ以上ない申し出に、二つ返事で提案を受けてしまいました。将生さんの自宅に着いたのはもう0:30過ぎ、その後はシャワーを借りて寝るだけでしたが、寝る前に少し蜉蝣の設定や登場人物の心情について色々と議論する事が出来ました。蜉蝣も今年のどげざで3部門受賞している作品で、多くの方にとって作品賞の候補でした。惜しくも作品賞は逃しましたが、そのシナリオと美しい舞台背景は多くの人の印象に残っております。そんな作品のシナリオライターである将生氏との議論、これは自分のレビューのあり方を考えさせる切っ掛けになりました。プレイし終わった時に感じた印象少し時間を置いて改めて感じた印象は違うものです。ですが私のレビューは基本プレイした直後に書いたらそれっきりです。でもそれって、読みが浅かったり大事な部分を見落としていたりする可能性があります。今回蜉蝣の裏設定を聞いて、なる程そういう解釈もありえるなと素直に納得してしまいました。今私が蜉蝣のレビューを書き直したらまた違った文章になるのだと思います。それを実際に行うのかどうかは分かりませんが、また一つ作品の見方読み方を考えさせられる良い機会になりました。何よりも泊めていただいただけで本当に感謝してもしきれません。翌日8:30には将生氏の自宅を離れ、そのまま宇都宮に帰ってきました。

 という訳で朝からつい先程まで夢のようなどげざの時間でした。改めてどげざを振り返って率直に思ったのは、私って恵まれてるんだなという事です。そもそも同人ビジュアルノベルを本格的に始めたのは3年前くらいなので、思ったより私の同人ビジュアルノベルの歴史は浅いのです。そして3年前はただ作品をプレイしてレビューを書くだけで終わってました。サークルさんと交流しようという気は殆ど無かったのです。ですが、そんな私の感想を読んで返信してくれたサークルさんがおりました。この時思いました。自分のレビューを誰かが読んでくれることは嬉しい、と。そしてそんな嬉しくさせてくれたサークルさんに感謝したいと。ここからレビューを書いて同時に感謝を伝えるというスタンスが確立しました。これが2年半前です。その後即売会に行っては直接サークルさんにお礼を言い新たに作品を入手する生活になりました。そして昨年のCOMITIA108で、初めてノベルゲーム部に関わらせて頂きました。これはみなみ氏に声をかけて頂いた事が切っ掛けでした。この時はもちろんサークルさんと話をしたのですが、同時にプレイヤーの方との触れ合いの始まりでもありました。現在の見せ合う会のメンバーです。その後去年のどげざで新たに知り合いができ、その後C86C87でも見せ合う会に参加させて頂きました。極めつけは先月のCOMITIA112でのノベルゲーム部のソムリエ担当です。これも黒柴亭さん(公式HPはこちらからどうぞ)が声をかけてくれなかったら実現しませんでした。自分が唯のレビューサイトから発信する側になった記念すべきイベントでした。そして昨日のどげざに繋がっております。一年前には考えもしなかった事です。これだけ同人ビジュアルノベルというフィールドで顔なじみの方が増えるなんて、これ程嬉しいことはありませんね。もし私にレビューを書いた感想が届かなかったら、みなみ氏がノベルゲーム部の打ち上げに誘ってくれなかったら、見せ合う会に声をかけてくれなかったら、ソムリエに抜擢してくれなかったら、今の私はいないのです。これが恵まれてると言わずに何だというのでしょう。同人ビジュアルノベルを切っ掛けに得られたこの、絶対に失いたくないしもっと広げたいと思いました。どげざやノベルゲーム部を始め、もっと同人ビジュアルノベル界が活発になれなすよう、私も日々のレビューを頑張りたいと強く思いました。今回お会いできた全ての皆さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2015/06/14(日) 15:30:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Planet Cosmos | ホーム | Dark Matter>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1439-7ea7dd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する