徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

プライドが高くて迷惑な人

 今日も普通の日勤。爆弾低気圧は峠を越えたみたいですが、天気図で見るあの巨大な等圧線の渦は正直ビビりました。確かに普段そこまで雪が降らない宇都宮でも吹雪くわけですね。これからは少し気温も上がるみたいですので穏やかに過ごせたらと願いますね。

 先日新しい手帳を見に書店に立ち寄ったのですが、その時についでに新書コーナーにも足を運びました。そして1冊の本に目が止まってしまい読んでみようと思いました。それがタイトルにもあります「プライドが高くて迷惑な人」という本です。なぜこの本を手にとったのか、正直なところドキッとしたからです。あらすじですが、世の中にはプライドが高いが故に他人に迷惑をかける人がいます。そしてその人たちは利己的であり基本無自覚に他人に迷惑をかけるので対処の仕方が非常に難しいです。そんな人たちですが出処はちょっとした社会のすれ違いによるものであり、ともすれば自分もそういった人になってしまう可能性があります。といった内容なのですが、こういう人間学を書いた新書を読むときはどうしても自分がそれに当てはまっていないかを気にしてしまいますね。本書は具体的な事例をたくさん引用しておりますので非常にイメージが掴みやすいです。そしてプライドが高くて迷惑な人の特徴、何故このような人が生まれるのか、対処法、自分がならない為になど章ごとにテーマを分けております。その為自分との比較がしやすく、気をつけるべき点について整理しやすいです。自分で言うのもなんですが私もプライドは高いと思っております。他人の目は気になりますし、悪く思われたくないという気持ちも人一倍あります。その為どうしても口下手になってしまい、思うように言葉が出ない場面が多々あります。こんな私がこの本を読んで思ったのは、素直な気持ちで人の言葉を聞き自分の気持ちを話す事の大切さでした。自分の能力についてどれだけ主観と客観のギャップを縮められるか、相手の気持ちを理解できるか、そしてその時感じたことを素直に言葉に出せるか、何も難しいことではないと思いました。ちょっとしたすれ違いで陥ってしまう事だと思います。だからこそ常に自分を見つめ、人の意見を聞き、わだかまりない様人生を送れれば良いのかなと思いました。

 ちなみにこの本で一番読んでて面白かったのはこういった人の対処法ですね。様々な事例を紹介し結構リアルな方法が書かれてました、時には「無視しましょう」とか「離れましょう」とか究極的な言葉もありました。それだけこういう人たちの対応は難しいんですね。あまり気を張らずに頭の隅に置く程度で意識していこうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/18(木) 21:14:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<パート内の実力差 | ホーム | 手帳の季節>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1380-272e527c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する