徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

M3-2014秋 入手CD その3

 今日は夜勤明け。いよいよ夜の気温が氷点下を切り出しました。本格的に冬ですね。が降るのも時間の問題ですね。でもこの刺すような寒さこそ冬らしさというもの。東北日本海側出身の私にとってはまだまだ物足りないですのでもっと冷えて欲しいです。

 M3-2014秋で入手したCD紹介の続きです。同人音楽のジャンルの幅は本当に広いものでして、ボーカル曲やインストゥルメンタルに限らずドラマCDや最近ですとボーカロイドなど本当に様々です。音楽というよりももはや音というもの全体が表現の対象になっている気がします。私はドラマCDやボーカロイドは買わないのですが、今回は物語性のあるコンセプトCDを紹介します。

・L'unique -リュニック-…Phonon forte
始めに紹介するのはPhonon forteというサークルのL'unique -リュニック-というCDです。ドラマとボーカル曲のコンビネーションとなっており、少年と機械の少女が旅をする物語が綴られております。少年の心理と連動するような楽曲であり、楽しみや悲しみなどの感情が楽曲を通してダイレクトに伝わってきます。少年らしいボーカルはよく通る声でドラマもとても聴きやすく、何周も聴いてました。ちょっと切ない物語、その結末を是非皆さんにも聞いて頂きたいですね。

・花晶世界の臥龍少女…AKATSUKI
次に紹介するのはAKATSUKIというサークルの花晶世界の臥龍少女というCDです。ボーカル曲が4曲収録されておりますがこちらも、少年と少女の冒険を描いた内容となっております。結構激しめの音楽が多いなと思ったら後半は郷愁漂う雰囲気で楽しませてくれます。一番の魅力はボーカリストの透明感のある歌声ですね。まさに少年少女らしい雰囲気を演出してくれます。後は演奏も生音のようです。非常に拘りを感じました。

・廃ラキトゥスの祈灯…Hagall × - Sohmatoa -
次に紹介するのはHagall- Sohmatoa -の2つのサークルの合同で制作された廃ラキトゥスの祈灯というCDです。こちらもコンセプトアルバムとなっておりまして、災いの起こった一つの村に祈りを捧げる少女の物語を描いております。どこか異国の雰囲気を感じるサウンドで構成されており、歌詞カードに書かれたバックストーリーと合わせて聞いて頂きますとより深みが増すと思います。力強さもあり哀愁もある様々なサウンドから物語を楽しんで頂ければと思います。

 という訳で今回はこの3サークルを紹介しました。コンセプトCDの魅力はやはりCD全体で1つの表現をしているという事だと思います。単曲でも勿論素敵なのですが、その曲の裏側に秘められた物語に想いを馳せると尚の事魅力が引き立ちます。そしてジャケットや歌詞カードにも手を加えられており、是非耳と目と両方で楽しんで頂ければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 17:58:47|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コンテンツの継続 | ホーム | M3-2014秋 入手CD その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1375-b1dd17db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する