FC2ブログ

徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

霽風寮

 久しぶりに地元を歩くと、町の様子がかなり変わっていることに驚かされます。その変化の主は、以前あった家が無くなっている事です。ぶっちゃけ過疎です。知っている風景が変わっていくことはやっぱり寂しいことなのですね。

 昨日は、東北大学の入学の手続きの一環で仙台に行って来ました。地元は大雪だったのですが、仙台はうって変わって快晴でした。その中で、手続きとは関係なかったのですが私が今度からお世話になる東北大学の学生寮の視察を行ってきました。その名も霽風寮という寮で、築25年と今住んでいる寮よりはかなり新しいです。無断で寮内に進入すると、偶然親切な人がいたので色々とお話を聞くことが出来ました。ざっとまとめると以下の通りです。

・全室ほぼ個室、鍵付き。
・寮食あり。でもシステムはかなり違うよう。
・電化製品は基本的に全て持ち込み可。
・学年の区別無く、必ず委員会活動は行わなければならない。
・寮生大会(寮生全員で行う話し合いみたいなもの)は月一回必ず行う。欠席届は二回まで可(それ以降は課徴金あり)。
・というより、あらゆる事(委員会をサボるなど)に対する罰則内容は課徴金。
・寮長の呼び名は「BOSS」。

…とまあ、かなりぶっちゃけた内容となっています。やっぱりこっちとは違う独特のルールがあるようです。まあ、住めば都といいますので何とかなると思いますね。

 そして夜には地元に帰ってきて、私が今まで食べてきたラーメンでおそらく一番好きであろうラーメン屋に行って来ました。その名も「龍鳳」と言って、ここの「広東麺」は正直神です。鶴岡に訪れる際、この話を思い出してくれたら食べてみてください。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/16(金) 11:23:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<長野 | ホーム | 最終月飲み>>

コメント

かなり違うんですねぇ。個人的に、金銭面が気になりますww
そちらは学部生と院生の共用ですか?
それにしても、罰則が厳しいのはすごいですね。驚きです。BOSSってのも驚きですけどw
寮食があるということは食堂があるんでしょうか。もしそうなら・・・。
  1. 2007/03/16(金) 23:56:01 |
  2. URL |
  3. タカ #LrGc051E
  4. [ 編集]

わかるわ~

久しぶりに実家に帰ったら、家がなくなっているというのは、俺もよくあるwww
「あれ、この店なくなったんだ!」「ここにあった家が消えてるww」みたいなのはしょっちゅうだね。やはり田舎ゆえ?
寮については、思う所はいくつかあるけど、ここではあえて書かないよ。「郷に入りては郷に従え」って感じだね。BOSSってグラサンかけてそうwww
  1. 2007/03/17(土) 00:09:47 |
  2. URL |
  3. 白髭 #-
  4. [ 編集]

>タカさん
この寮は学部の3年から入れる寮だそうです。なんで、おそらくここ以上にはっちゃけたことは出来ないでしょうね。
>白髭さん
やっぱ田舎の宿命なんかなぁ。俺が卒業した小学校も、ついに全校生徒50人だよ。
  1. 2007/03/18(日) 19:26:03 |
  2. URL |
  3. M.M #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/03(日) 17:44:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/136-67d1418a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【寮】について

寮大宝律令の下での学校としての寮については、大学寮 (律令)を参照。律令制における官司の等級については、寮 (律令制)を参照。----寮(りょう、dormitory)は、人がそこで寝食を営むことが出来る居場所。居住の場所。学生寮、社員寮を代表として、社会福祉の観点からの母
  1. 2007/03/21(水) 17:04:45 |
  2. ハウジングなびげーしょん

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
ビジュアルノベル部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する