徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

ビジュアルノベルに対する接し方の変遷

 今日は楽団の練習日。地味に前回の練習から1ヶ月近く空いてしまっており、久しぶりの楽器という事で思った以上に体力を使いました。体力というよりもどちらかと言えば肺活量の問題かも知れません。やっぱり管楽器は継続して触れることが一番の上達の道ですね。

 最近昔はまっていたビジュアルノベルのサントラを聴いたりムービーを見ている気がします。私がこのHPを立ち上げた8年前は大学4年の時でしたが、ビジュアルノベル自体は高校の時からプレイしており既に一般人とは違う道へと進んでしまってました。それでも唯の小説ではない絵と音楽を組み合わせたビジュアルノベルそれでしか表現できないテーマや物語があり、私の中で欠く事の出来ない趣味に昇華しております。それでも大学時代にプレイした作品でも当時と今では受ける印象が違うのだと思います。ビジュアルノベルの右も左も分からないどころが人生経験すら無いヒヨっ子でしたので(まあ今も大して変わりませんが)、色眼鏡がなくさぞ純粋な気持ちで作品を享受出来たのだと思います。もちろん今でも作品のテーマを感じようとプレイしておりスタンスは全く変わっておりません。それでも消化したタイトルが増えるにつれどうしても比較するという事が発生していしまい、無意識のレベルでバイアスが掛かっている気がします。ですがそれは必ずしも悪い事ではありません。様々な作品をプレイした上で改めて同じ作品をプレイしたとき、当時は気が付かなかったライターの言いたい事や表現の違いに気がつくかもしれません。それでも当時夢中になっていた想いは今でも変わることはなく、寧ろサントラやムービーのおかげでそういった純粋に作品を楽しむ心を思い出させられました。ああ、あの時はただ夢中で文章を読んでいましたね。それこそ寝ることも忘れて夜が明けるまでプレイした作品もありました。今はやはり仕事をしているという事とレビューを書くという事があって無理のあるプレイはしなくなりましたね。ですがそれは決して悲しい事ではありません。当時とは違ったアプローチで作品のテーマを掴む事が出来るのですから。

 私がレビューを書いているのは、世の中の人に作品を紹介したいという気持ちも勿論ありますがそれ以上に自分が当時夢中になった気持ちを忘れない様にしたいという気持ちが強いです。時間とともに情熱はどうしても薄れてしまうものですが、文字に起こしておけばそれが失われる事はありません。どれだけプレイした時の想いを文章に込められるか、これもレビュアーとしても課題だと思っております。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/07(日) 23:00:55|
  2. HP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みずいろ | ホーム | ある日の後輩の言葉に思うこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1345-ffc2e302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する