徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

タクシー

 今日は土曜日で普通の休み。最近飲み会が連続してて間違いなく胃が荒れています。朝起きると胸焼けが酷いのでそろそろ自重した方がいいのですけど、それが出来ないのか社会人の宿命ですね。

 そして昨日も大宮で職場の同期の飲んでいました。そして最終の新幹線で宇都宮へ向かったのですが、気がつけば終点の那須塩原にいました。正直新幹線から降りたときは事の重大さに気づいてませんでしたが、状況を整理して結構マズい事態である事になったとようやく理解しました。何しろもう宇都宮に帰る術が無いからです。仕方がないので那須塩原周辺のホテルにでも泊まって明日の朝帰ろうと思いました。ですが思ったよりも那須塩原駅周辺にホテルは少なく、しかもその数少ないホテルは全部満館でした。ここに来て本格的に焦ってしまい、いっそのこと駅前のベンチか何かで横になって朝になるのを待とうとも思いました(夏だし)。ですが微妙に雰囲気の悪そうな人間も徘徊してましたのでそれもやめて、最終的に決断したのはタクシーで宇都宮へ帰ることでした。今考えればタクシーの運転手に相手そうな旅館やホテルを聞いてそこで一泊し、翌日帰ったほうが安上がりだったかもしれません。ですがあの時はそんな事を考える余裕がなく、とにかく金に物を言わせて帰ることだけしか頭にありませんでした。ちなみにタクシーの運転手に「宇都宮までどのくらい掛かりますか?」って聞いたら「大体18,000円位ですね」って言われました。それでも帰れるなら全然OKって事で那須塩原から宇都宮まで約1時間のタクシーの旅をしました。ちなみに私のように宇都宮で降りるつもりが那須塩原まで行ってしまう人って結構いるみたいです。そしてそんな人がいるから駅周辺にホテルがあるみたいです。ですが運悪く昨日は金曜日でそれ以外のお客さんがいたので満館だったみたいです。いや~やってしまいましたね。自分は絶対にそんなことはしないと思っていたのにこのザマですからね。目的の駅を降り過ごして翌朝まで雨風凌げる場所がないなんて初めての経験ですよ。実際あの時はそんなに焦ってなかったと思うのですけど、タクシーがいなかったらどうしていたんでしょうね。とりあえず酒は飲んでも飲まれるなって事をちょっと体感出来たひと時でした。

 帰りのタクシーの中では終始運転手と会話してました。流石はタクシー運転手、話題の引き出しが多くて全然退屈しませんでしたね。もう変なテンションで眠気もどこかに吹き飛んでましたけど、タクシー降りて歩き出したらもの凄く足取りが重かったです。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/23(土) 15:42:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現代のコミュニケーション | ホーム | 「自分と他人の区別がつかない人の話」を読んで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1339-579e87c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する