徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

フーリエ変換

 今日仕事で現場に行った時に地面に邪魔な石があったので手で退かそうとしたのですが、裏返したら結構デカめの蜂の巣があって中から蜂が10匹くらい出てきたので猛暑日にも関わらず全力疾走で逃げました。間違いなく今年一番死ぬかと思った瞬間でした。

 私の仕事は電気を扱っておりますのでオームの法則を始めとした電磁気の基本的な知識は持っている事に越したことはありません。ですが、仕事の中身がマニュアル化され手順が省略されると電磁気の知識がなくても仕事は回ったりします。例えばどこか設備が故障した時に電流と電圧を測定してで故障点を探し復旧させるのがセオリーではありますが、そんな事を考えなくても丸っと全ての設備を取り替えればそれでも復旧できます。その方が頭は使いませんし何よりも間違う事がありませんので会社的には正しいのかも知れません。ですが、そういったところに思考を回転させノウハウを生み出してこそプロなんだろうなと思いますね。とまあそんな前置きはさておき、最近の業務の中で職場の後輩と話をしていた時にこんな会話をしました。

M.M「この電流波形ってどうしてここが歪んでいるんだろうね?」
後輩「フーリエ変換すれば洗い出せそうですね。」
M.M「でも電流値をデータではじき出したとしてどうやってフィットする?」
後輩「最近のExcelって適当な関数にフィットしてしかもフーリエ変換もしてくれるんですよ。」
M.M「へ~それは知らなかった!」


実はこの会話をしている中で私は酷く感動していたのです。フーリエ変換なんて理系の学部であれば大学2年生くらいで必ず習います。ですがフーリエ変換を日常の仕事で使っているのは実際のところ研究職やメーカーの開発をしている人だと思います。私の仕事でもフーリエ変換なんて使いません。基本はマニュアルやルールに従った仕事であり、電磁気や数学の知識がなくても問題なく回ります。ですが折角大学大学院で学んだ知識ですので、無駄にはせず有効に使えるのであれば使いたいとは思っておりました。上の会話は雑談であり実際に仕事でフーリエ変換する事はないと思いますが、こうした会話が出来ただけでも感無量でした。やっぱり電磁気や数学の知識はたとえ人と議論ができなくても持ち続けていようと思いました。

 この後輩は1ヶ月前に異動してきたのですが、出身が工学部で電気系の学科ということで基本的な電磁気や数学の知識は持っておりました。積極的に理科の話をしようと思っている訳ではありませんが、研究者崩れである私の歪んだ承認欲求を満たしてくれそうでちょっと楽しみです(ゲス。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/06(水) 23:18:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<C86準備 | ホーム | ロータリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1333-08caa217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部2016ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する