徒然なるM.M

私ことM.Mの徒然ない日常を綴った日記

POSSESSION

 今日は夜勤明け。3日前位から風邪の症状が出てて微妙にしんどいです。はヒリヒリして痰がひどく、は詰まって呼吸が苦しく、それに引きづられる様にの閉塞感が抜けず、幸い熱はないのでダルくはないのですが、このままだとストレスで熱も出てしまいそうです。とりあえず部屋の空気に気を使って寝ようと思います。

 突発的にDDRの記事を書きたくなったので今回はこんな内容です。DDRの楽曲の中にPOSSESSIONという曲があります(参考動画はこちらからどうぞ)。作曲者はDDRのサウンドディレクターであるTAGであり、X2で登場した曲です。私が初めてこの曲を聴いたのはX2のロケテストの時で、この時は特定の条件で出現するFINAL専用曲でした。初めて聞いたときの率直な感想ですが、

「ああ、DDRはこの曲でまた新しい次元へ進むんだな」

でした。POSSESSIONの特徴としてはとにかくBPMが速いという事とどの難易度の高レベルであるという事です。TAG自身も公式HPで「クリアすることへの醍醐味を最大限に意識した楽曲」と言っており、並の実力では歯が立ちません。ですがそこはTAGらしいトランスの効いたノリやすい曲調と高難易度を意識させるコード展開がプレイヤーの意識を高めてくれます。これまでの高難易度曲といえばNAOKIU1のものが殆どであり、PARANOiAシリーズやMAXシリーズや2MBシリーズは昔のDDRファンであれば全員壁としてぶつかった曲だと思います。どの曲も重厚なサウンドと禍々しさが際立っておりDDRのボス曲としてのスタンスを作ってきましたが、そんなイメージを全て吹っ飛ばしてしまうような魅力がこのPOSSESSIONにはありました。新コンポーザであるTAGの楽曲という事もあり、今後DDRにはこうした楽曲が増えていくんだろうなという予感がありました。その後NAOKIやjunといったDDRお馴染みのコンポーザはKONAMIを離れ、U1はミライダガッキのサウンドディレクターとなりました。時間が流れていく中でDDRもそのあり方も少しずつ変えて来てはおりますが、間違いなくその流れの切っ掛けを作った曲として現在も多くの方に支持されております。

 あとPOSSESSIONのもう1つの特徴として他のBEMANIへ移植されていないという事が挙げられます。つまりDDRでしかこの曲はプレイ出来ないという事です。これについてもTAGなりの拘りがあるようでして、やはりDDRを代表する1曲である事は誰の目から見ても間違いないですね。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/03(木) 22:18:01|
  2. DDR(BEMANI関係)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生存報告 | ホーム | 2014春アニメ感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mmsroom.blog67.fc2.com/tb.php/1321-85659dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

M.M

Author:M.M
HPでビジュアルノベルのレビュー等を公開しております。
第2回のべるちゃんコンテスト審査担当。
第10回同人ゲーム制作勉強会講師担当。
ノベルゲーム部ソムリエ担当。
【ビジュアルノベル】同人多め
【DDR】元DP足紙さま?
【吹奏楽】楽器はTuba

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する